人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

チカンですよ!

 昨日、営業途中に立ち寄ったコーヒーショップでの話だ。次の訪問先に提出する書類に目を通しているところへ三十歳前後の女性の三人連れが入って来て<いわろう>の隣のテーブルに陣取ったのである。「見たのよ!」その一人が前夜の帰宅時に乗った電車で<痴漢の現場>を目撃したらしい。

 駆け込んで自分一人がやっと乗り込めたと思うほど混雑していた電車。そのドアー横の手すりに寄っかかって寝込んでしまっている若い娘さんの前に立ちはだかった男。その男は、お相撲さん程の体格なので、その身体で若い女性を隠すようにし、片手はつり革を持って何喰わぬ顔をし、片方の手で娘さんの身体を触っていたらしい。あまりの大胆さに言葉も出なく、ただ唖然としただけだったらしい。

 <痴漢事件の捜査で「ミクロの世界」の役割が増している。触られたと訴える被害者の衣服や下着の繊維が、容疑者の手に付いていないかを調べる「繊維鑑定」。類似の繊維が見つかれば事件の有力な物証になる一方、冤罪防止にも効果があると期待されている。全国でも早期に鑑定を採り入れた警視庁では、鑑定件数が年々増え、昨年は326件になった。

 今年1月、東京地裁で、警視庁科学捜査研究所の研究員が証言台に立った。電車内で女子高生に痴漢をしたとされる元大学教授の公判で、元教授は容疑を否認している。研究員は「スカートの繊維と元教授の指に付着していた繊維の色、形、太さが類似している」と証言した。警視庁は97年、痴漢捜査に繊維鑑定を導入した。容疑者が否認している事件で、物的証拠はないかと捜査員が思いついたのがきっかけという。

  97年に1件だった痴漢事件の繊維鑑定は、04年117件、05年192件で、昨年は326件。同研究所は「このところ痴漢事件の無罪判決が大きく報道され、捜査側が証拠固めに力を入れている」と、鑑定依頼増加の背景を分析する。(2007/4/14 アサヒドットコム抜粋引用)>

 痴漢目撃談は続いていた。「ぎゅうぎゅう詰めの満員電車の揺れに乗じて、男の手は好き勝手な動きをしているの・・・」それを聞いていた向かい側の女性が強い口調で言った。「痴漢!って叫んでやればよかったのに!」体験者は、首を横に振りながら「とてもとてもそんなこと叫べなかったわよ!」と目をパチクリとしていた。報道で知る<痴漢突き出し>の武勇伝は、レアケースなんだと改めて思った。
2007/4/14


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-04-14 23:17 | Trackback | Comments(0)

凶器は自転車

 先日、東京メトロで乗り合わせた乗客同士の話に、吹き出しそうになった。五十歳前後の二人連れのご婦人で、マンションの駐輪場に置いてあった自分の自転車が盗まれてしまたらしい。その日にその代わりの自転車を買ったんだそうだが、その自転車屋さんとのやり取りに笑ってしまった。

 「ピンク色にしたら、盗まれないでしょうか?」「盗む方にすれば、色はあまり関係ありません!」「二重ロックにするの?それって面倒じゃない?」「面倒だから盗まれにくいんです。」「混み合った駐輪場から自分の自転車を探し出すのに苦労するので、いつも端に置いてるの!」「お客さん!それじゃあ盗んで下さい!って言ってるようなもんだよ!」そのご婦人の真面目な面持ちで話す、自転車屋さんとの問答に<いわろう>は笑いをかみ殺して聞き入ってしまった。

 <東京都東村山市久米川町、無職野崎重安さん(53)が11日午後9時25分ごろ、近くの都道・府中街道の歩道部分を自転車で走行中、同市、私立高校1年の男子生徒(15)が自転車で左側から追い越しざまに接触。 野崎さんはバランスを崩して車道にはみ出し、前から来た乗用車にはねられ、出血性ショックで間もなく死亡した。

 警視庁東村山署は、男子生徒を重過失傷害で、乗用車の埼玉県所沢市山口、会社員岸泰雄容疑者(52)を業務上過失傷害で、それぞれ現行犯逮捕した。いずれも12日朝に釈放し、任意で調べている。 調べによると、男子生徒が野崎さんの左側から追い越した際、男子生徒の自転車の後輪と野崎さんの自転車の前輪が接触した。事故当時は雨が降り、男子生徒は傘を差しながら自転車に乗っていたという。(2007年4月12日・読売新聞・引用>

 自転車は手軽で便利な乗り物だ。でも<自転車>も道路交通法では軽車両に属し車道の左端もしくは通行人の妨げにならないように路側帯を走行、自転車道がある場合はそこを走行しなければならないのである。一方通行の道路は<自転車>と言えども乗って逆送すれば、罰金の対象になるし、左折するときは、右腕のひじを垂直に空に向けてあげ合図しなければならない。また飲酒運転、夜間の無灯火走行、傘差し運転など罰金や懲役の対象にもなるのだ。自転車走行にも<免許制>導入が必要かも。 万が一<免許制>が導入されても<チョッと失敬!>の自転車泥棒は根絶しないだろうけど・・・。
2007/4/13
【執筆にあたり、サイト<Bicycle File>を参考にさせていただきました。】


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-04-13 23:42 | Trackback | Comments(0)

月の石を見たものの

 もう四十年程前になる。大阪府吹田市の千里丘陵で<日本万国博覧会>が行われた。<バンパク>と親しまれ、<人類の進歩と調和>をテーマとし、経済大国となった日本のシンボル的な意義をもつイベントであった。当時、人気パビリオンでの数時間の行列など<大勢の人による混雑>が連日報道されていた。

 特にアポロ11号が持ち帰った<月の石>を展示したアメリカ館の行列は延々続き、その異常な混雑ぶりから、一部では万博のテーマをもじって<人類の辛抱と長蛇>と揶揄されもしていた。<いわろう>は、当時凝っていた<カメラ>をぶら下げて、何度も会場に足を運び、月の石も拝ませていただいた。そして、あと何年したら<自由に月と地球を往復出来るのだろう>と夢見ていたのだが。

<「何用あって月世界へ?」アポロ11号が月面から送ってくるテレビ映像に日本中が驚き歓声を上げるのをにらみ山本夏彦さんは週刊誌のコラムでそう書いた。「勝手に着陸し、次いで他の星へも行くがいい」とも。

▼4月12日は、山本さんが鼻で笑う宇宙開発の記念日だ。1961年のこの日、ソ連のガガーリン少佐が宇宙船ボストークに乗って地球を一周した。本紙朝刊1面に「初の宇宙人」「宇宙旅行への窓開く」という見出しが見える。20年後の同日、今度はアポロ計画でソ連を追い抜いた米国のスペースシャトルが初めて宇宙へ飛び立った。

▼先日、次のスペースシャトルの打ち上げを予定より3カ月遅らせると米航空宇宙局が発表した。国際宇宙ステーションに置く日本の実験棟をシャトルで送り込む計画も、押せ押せで先延ばしになる恐れが出てきた。宇宙ステーション計画に日本は年間約400億円を投じている。うまく進まないと困ったことになる。

▼ボストークの昔から中国の神舟号まで、宇宙開発なかでも有人宇宙飛行は国の力を誇示する手段になってきた。情報通信や安全保障の面から日本も宇宙開発の技術を磨かなければならないが、さて有人宇宙活動は国威発揚以外どんな効用が期待できるのか。しばし「何用あって宇宙へ?」を考える必要もありそうだ。(日経2007/4/12朝刊・春秋引用) >四十年前に月旅行を夢見た<いわろう>は、今もまだ地べたを<這い回っている>だけだ。400億円あれば、結構何でも出来ると思うのだが・・・。
2007/4/12


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-04-12 23:44 | Trackback | Comments(0)

ポストは何故赤い?

 「手紙くださ~い!」足が地面に届かない自転車をこいで、駆けて行った郵便局の窓口で、そう叫んでいたのは、昭和三十年代まだ小学生の低学年だった<いわろう少年>であった。母親から頼まれたお使いでの出来事だ。「この手紙ポストへ出して来て!切手買って貼ってから・・・」そんな母親の言葉も終わらないうちに、<いわろう少年>が反射的に飛び出したのは、やっと乗れるようになった大人用の自転車に乗りたかったからだ。「手紙くださ~い!」何度目かそう叫んだ<いわろう>少年に「ぼく!これが欲しいんでしょう?」職員がそう微笑みながら<切手>を差し出してくれていたのだ。

 <統一地方選挙前半の奈良県知事選と県議選で複数の候補者の選挙運動用はがきを配達せずに池に捨てたとして、奈良県警は10日、大和郡山郵便局(同県大和郡山市)の非常勤職員、西尾正和容疑者(31)=同市泉原町=を公職選挙法違反(職権乱用による選挙の自由妨害)の疑いで逮捕した。容疑を認めている。 調べでは、西尾容疑者は今月5日ごろ、同県斑鳩町の貯水池に、自分が配達する予定だった知事選候補者1人と県議選候補者4人の選挙運動用はがき計550枚を捨てた疑い。近くの女性2人がはがきが池に浮いていたのを発見し、斑鳩町選管に届け出たという。(2007/4/10/アサヒドットコム引用)>

 郵便はずうっと昔から切手を貼って、ポストに入れれば、表書きされたもとへ間違いなく届けられてきた。間違っても貯水池に配達されるものではなかったはずだ。そして、ポストは、ずうっとずっと昔から郵便物を入れられ保管されてきた。

 熊本市の慈恵病院が、様々な理由で子育てが出来ない親から匿名で新生児を預かる国内初の「赤ちゃんポスト」の設置を申請した。厚生労働省は「明らかに違法とは言い切れない」として、熊本市に対して<そのポスト>の設置を認可した。

 安倍首相も、首相官邸での記者団の質問に対して、まず「ポストという名前に大変抵抗感がある」と述べ、「子どもを産むからには親として責任を持ってもらうことが大切で、そういうお子さんに対応する施設もあるし、匿名で子どもを置いていけるものを作るのには大変抵抗を感じる」と慎重論を唱えている。<ポスト>は街角で真っ赤に目立っているものであり、隠れてコソコソ<尊い命>を保管すべきものではないと思う。
2007/4/10


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-04-10 23:13 | Trackback | Comments(0)

春風の悪戯?

 <いわろう>は、三十余年連れ添ったカミさんと別れることにした。さて別れて、どうするか?かねがねお付き合いしていただいていた<Mちゃん>と再婚することにしたのだ。Mちゃんは、昨年我が社に入社した二十五歳の女性だ。<いわろう>の娘ほどの年格好の女性にしては、しっかり者である。来年還暦を迎える<いわろう>より数段と<大人>なのだ。人生は長いようで、その実短い。もう一度の<青春>を体験したいと思う。ってな<嘘>は罪のないかわいいものだ。今日は確か<エープリル・フール>だ!

 <統一地方選の千葉県議選で、千葉市中央区選挙区から立候補した無所属元職の佐野彰候補(58)の陣営が1日朝、「200カ所以上で選挙ポスターがはがされた」と千葉中央署に通報した。同署が確認したところ、区内にある238カ所のポスター掲示場のうち12カ所で佐野候補のポスターがはがれていた。ただ、立ち木にからみつくなど周辺で見つかったポスターに、人為的に破いた形跡はなかったという。 

 不審人物の目撃情報もないことから、同署は「張り方が悪く、強風ではがれたのではないか」との見方を強めている。銚子地方気象台によると、市内では3月31日夜から4月1日未明にかけて、台風並みの強風が吹いた。強風注意報が発令され、31日午後11時50分には最大瞬間風速33.4メートルを記録していた。 一方、陣営は「同一候補のポスターだけが飛ばされるのか」と“強風犯人説”に疑問を示す。その一方で、ポスターを張り直す際には、念には念を入れ、「今度は両面テープや、のりを全面につけた」という。(2007/4/1アサヒドットコム)>

 エープリル・フールとは、四月一日の正午までなら罪のないうそをついてもよいという風習のことだ。俗に<四月馬鹿>ともいう。本来はだまされた人のことを<四月馬鹿・April fool」というのだそうだ。 確かに強風でポスターが、はがれることもあろう・・・。でも上手い具合に同一候補のものだけが飛ばされるのは不思議なことだ。関係者は<四月馬鹿>にされないように、厳しく調査しなければならない。<いわろう>は<強風犯人説>の信憑性に欠けるように思うのだが・・・。誰も<四月馬鹿>にはされたくはない!
2007/4/1


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-04-01 21:42 | Trackback(1) | Comments(0)