人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

それは、トイレにあるよ!

昨日のこと。


早く目覚めたので、暖かい日差しに誘われて散歩に出かけた。丁度、小学生たちの登校時間のようだ。ピカピカの新入生も、そろそろ学校に慣れて来たころだろうか?真新しいランドセルを眺めながらそんなことを思っていた。


そこへ、背後からやって来た黒色の乗用車が、私を追い越すなりピタリッ!と停まった。そのパワーウインドウが静かに開き、顔をだした男性が、生徒の列の一人に大声で、「○○君!座ってするトイレがあるところをウチの子に教えてやってくれる?」と、その子を呼び止めたのだ。


その車の助手席に沈んでいる子供は、おそらく新一年生なのだろう。腹を押えて便意を堪えている様子だ。<いわろう>は、随分過保護だなァ~なんて、大昔の小言をいいそうになった。最近では、車で送り迎えする親御さんはめずらしくもないそうだ。


ところで、呼び止められた、その男の子の返答に<いわろう>はウケた!


「トイレにあるよ!」

「・・・」新一年生のお父さんは、言葉を失い複雑な面持ちだった。


確かにそれはトイレにある!


体育館や講堂や、ましてや職員室や校長室にも多分ないだろう!お父さんは、人選を誤ったのを後悔しつつ、その男の子を見送っていた。子どもの純真なこころを覗けた、なんと清々しい朝の風景だったんだろう。



更新を通知する



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村







by iwaserou | 2019-04-20 10:50 | 人間観察 | Trackback | Comments(0)

「マン臭事変」と「満州事変」の違いについての一考察

外国人の皆さんが日本語を習得するにあたり、難関のひとつとしてあげるのに<同音意義>がある。今回取り上げる単語の「まんしゅうじへん」もその一つである。


「マン臭事変」とは、性交の前戯として極一般的に行われる、<クンニリングス(単にクンニともいう)>時に女性器から立ち上がるニオイによって、殿方が下腹部の一物に<事変>をきたす様子を指す<ネットスラング>である。


自称ドスケベで<ニオイフェチ>の友人Y君などは、この事変に見舞われた折、「幸せ!」と叫ぶやに聞く。そのスジの統計資料によれば、Y君のような殿方は結構多いとされている。


一方「満州事変」とは、1931年(昭和6年)9月18日に、中華民国郊外の柳条湖で、関東軍が南満州鉄道の線路を爆破した事件に端を発し、関東軍による満州全土の占領を経て、1933年5月31日の塘沽協定成立に至る、日本と中華民国との間の武力紛争のことである。


あえて共通項を示すとすれば、血気盛んな男性をより興奮させるということだろうか?いずれにしても、片や個人的な事案であり、片や国際的な事案であるという、大きな違いがあることだけでも、ご理解いただければ結構だ。


日本語習得に励んでおられる外国人諸君!同音異義の「まんしゅうじへん」の違いをご理解いただけただろうか?はなはだ、簡単だが、このへんで「日本語講座」を終わらせていただく。


ご精読ありがとう!


更新を通知する



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村







by iwaserou | 2019-04-14 18:12 | 違いについての一考察 | Trackback | Comments(0)

分厚い唇がチャームポイント!?



b0074359_22153632.jpg
撮影場所:千葉県 松戸市「金ヶ作熊野神社」
 詳細情報はこちらから☞
撮影年月日:平成31年3月5日
寄進者:不明
奉納:大正11年(1922年)4月
石工:不明


70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

by iwaserou | 2019-04-12 22:23 | 狛犬図鑑 | Trackback | Comments(0)

ウチの娘にストーカーが・・・

わが家のひとり娘はアラフォーだ。

日頃から、化粧が濃い!だの、身に着ける服が派手すぎるなど!小言ばかり言う<いわろう>。一方、カミさんは「いつまでも子ども扱いしなさんな!」って、<いわろう>に小言ばかりだ。でも、父親の目から見ても、ときにドキッ!とすることがあるから、世の男どもの目線が気がかりなのだ。

先日も、ボディラインがくっきりのタイトなスカートを穿いて出かけようとする娘にひとこと。
「他にないのか?」って言ってしまって、カミさんに睨まれた。でも~あれは正直!刺激すぎた!

そんな矢先のことである。

昨夜、息せき切って帰宅した娘の顔色の異常さに、カミさんは言葉を失っていた。「どうした!」という<いわろう>の質問を聞く間もなく。震えながらも話し始めた娘。仕事疲れでドテッと腰かけてウトウトしていた小田急線の中で、イヤに目線を感じたのでキョロキョロしていたら、向いに座った人と目線があったそうだ。初めは勘違いカナァ~と思ったけど、その人は同じ駅で降り、つかず離れず着いて来たそうだ。

「コリャ~ヤバイ!」と感じた娘は、寄る意志のないマックへ駆け込んだ。ところが、その人もメニューで顔を隠しながら、こちらをチラチラ見ていたそうで、その時点で「私のことをマークしている!」っと確信した娘。逃げの一手だ。タクシーに飛び乗って、一目散に帰宅。とりあえず尾行は切ったというのだ。

<いわろう>は、いつもいってるだろう!化粧は濃いし刺激的過ぎる服はダメ!と言いたいところを我慢して、
「ストカーじゃないのか?」っていったら、カミさんは「まさか!」って鼻で笑った。「まさか!が起こるのが世の中なんだ!」そこで、娘がボソッ!といった。「そうだね~女性にストカーされるとは・・・」

夫婦はそろって「女だったって?」と叫んだ。

<いわろう>は複雑な気持ちだ。まだ男なら理解できるのだが・・・女ストカー!とは・・・
「まさか!が起こるのが世の中なんだ!」と<いわろう>が呟けば、カミさんは「男だったらよかったのに・・・」と、恐ろしいことを軽々しく言った。



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村







by iwaserou | 2019-04-11 22:58 | 日記 | Trackback | Comments(0)

「孤独の作法」下重暁子・著<中経出版>を読んだ

<いわろう>は、脱サラ後31年間ずっと一匹狼だ。何をするのも一人だから気楽だ。でも、気が休まらない。成功も失敗も自分自身の責任なんだから。生きがいがあるんだ!とちょっと格好をつけてみるが、将来の不安に潰れそうになるときが、しばしばある。著者は、「孤独を知る男こそ美しい」と説く。つまり「自分で考えてその通りと思えば従うが、思わなければ従わない」という生き方をヨシ!とすること。


<いわろう>は、元来群れるのを好まない。他人の欠点ばかりが目につき、いい関係を築くことが苦手なのだ。著者はいう。「自分で考え、自分で選択し、自分で決めることが生きることなんだ」と。Aさんがこう言った!B君がああ言った!など、主語が他人の話はご法度である。「私が」と切り出すからこそ、いやおうなく自分の考えをまとめ、その責任をとらなければならない。


ひとり旅に出よう!と著者はいう。


期待と不安は裏腹だからこそいい。不安と緊張をかかえながら、新しい発見や期待に胸ふくらます。人生はしばしば旅に例えられるが、<いわろう>は、一人旅の未経験者だ。日常のすべてをかなぐり捨てて、一人旅に出たい!と思わせる一冊である。


孤独の作法 (中経の文庫)

下重 暁子/中経出版




<いわろう>のお薦め度 ★★★☆☆

<いわろう>のお薦め度規準

(独断と偏見です。あしからず)

★★★★★蔵書にして読み返したい

★★★★☆読みごたえありでお薦め

★★★☆☆そこそこ読みごたえあり

★★☆☆☆時間つぶしにはなります

★☆☆☆☆時間の無駄使いだけです



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村




by iwaserou | 2019-04-07 20:18 | 読書感想文(お薦め度付き) | Trackback | Comments(0)

わが家の「ハナカイドウ」も、ただいま!満開中!

b0074359_11262705.jpg
「ハナカイドウ」は、むかしから美人の代名詞として使われている。
中国の唐の玄宗皇帝が酔って眠る楊貴妃を「ハナカイドウ」にたとえたとか。
4月から5月。新緑が目立ち始めるころに枝を埋めるようにして咲くピンクの花。
「いわろう」が愛する花のひとつだ!

更新を通知する


70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村






by iwaserou | 2019-04-06 11:39 | 日記 | Trackback | Comments(0)

庶民の景気判断指標

「景気はどうなの?」

「いわろう」は、レギュラーガソリンを営業車に補充しながら聞いた。
「良くないですね・・・」
行きつけのガソリンスタンドの店長は顔を曇らせた。

まん前の道路は一級国道で、結構交通量もあるのに・・・
「ほら!混んでるよ!」
「あ~これはね!この先の信号方式が変わって…最悪ですヨ!」
店長によると、交差点の事故が多くて、一方向のみ通行させる方式変更になったとか。

単なる渋滞では、景気判断指標にならないことを知った。

庶民が景気判断する指標にはいろいろとある。

タクシードライバーとの会話、散髪屋のマスターとの会話、デパートの店員と客の数比較、最近では、郊外の大型スーパーの値引き合戦もある。

先日のこと、お昼のお弁当を買い求めに立ち寄ったスーパーで
「1万円お買い上げで3000円のお買い物券進呈!」との
店内のアナウンスを聞きながら、あ~~本当に不景気なんだな~と暗い気持ちに落ちこんでしまった!



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村







by iwaserou | 2019-04-03 23:29 | 日記 | Trackback | Comments(0)

調子に乗りすぎて・・・大失敗!

今日のこと。

取引先でも「新元号」が話題になった。
「いわろう」は、持論を展開する。

「レイ!って音からくるイメージが悪いと思いません?」
「・・・」
ところが先方さんは、乗ってくる様子もなく、随分さめた表情である。

そんなこともお構いなしに・・・

お調子者の「いわろう」は、グイグイと持論を押し進めた。
「冷遇!冷淡!冷酷!って感じがしません?」

そこで、先方さんが、ぽつりと言った。
「私は、気に入っているよ!」

なのに・・・バカな私は、「霊柩車のレイ・・・」まで言ってしまった!
そこで、ついに先方さんの応酬だ。

「ウチの子供の名前に(令)の一字を使ってんだけど・・・」

あわてた「いわろう」は、「そういえば!令嬢とも言いますね~~~」と言ったのだが・・・

「ウチの子は男だ!」と先方さんは口を結んだ!

もう~~~収拾不可能!

逃げるように先方さんの会社をあとにした。


更新を通知する



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村







by iwaserou | 2019-04-02 23:28 | 日記 | Trackback | Comments(0)

「令和」ってどうなの?

ラジオの前で正座して、今か?今か?と待っていた「いわろう」は、
冷や水をかぶせられた!

「新元号はレイワです!」
晴れやかに官房長官が発表したのだが・・・

この際!
万葉集から引いたとかいう講釈はどうでもいい!
日常会話で使う機会が多い、音から入ってくるイメージが大切なのに・・・

レイワ?

聞くたびに、冷酷!冷淡!寒冷!冷遇!・・・
おまけに・・・
何もないれい!(ゼロ!ともいう)そんなマイナスイメージがある!

どうせなら・・・
オンワとかダンワにしてほしかった!

こんなへそ曲がりは、私だけだろうか?


更新を通知する


70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村







by iwaserou | 2019-04-01 21:45 | 日記 | Trackback | Comments(0)