人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「すぐ死ぬんだから」内館牧子・著<講談社>を読んだ

「絶対」という言葉があるが、人生における「絶対」は、ただひとつ。この世に生を授かったものは「絶対」に死ぬということだ。人はみな、ひとりで生まれて来て、ひとりで死んでゆく。若かりし頃、死ぬということが猛烈に恐ろしく感じる時期もあった。


古希を過ぎ、友人や親族など身近な人が亡くなることが多くなった昨今、あと何年生きられるかと・・・ふと考え「自分の死」と正面から、冷静に向き合えるようになった。主人公・ハナは「ならばあと10年を、好きなように生きて何が悪い。犯罪以外は何をやってもいい年齢だろう」と開き直る。


死に方を考えるということは、生き方を考えることだといわれる。「いい人生だった」と逝けるよう「生涯現役の看板」をより高く掲げる<いわろう>である。


「事実は小説より奇なり」といわれ、現実には予想だにしなかった事件に遭遇したり、まったく想定外の立場に立たされることがあるのは確かである。ところが、この小説は、その上を行く展開に読者を引っ張って行く。「小説は事実よりもっと奇なり!」の世界である。


ネタバレしたくないので、起承転結の「その転」を、これから読む読者に楽しみとして、取って置くことにしよう。


ところで、登場人物のキャラに少々違和感を覚える人も少なくないだろう。『こんな人っているの?』とか『ここまで性格が変化する?』など読後、頭に未消化な残渣が残るのが、せっかく前半が面白かったので誠に残念だ。



すぐ死ぬんだから

内館 牧子/講談社




<いわろう>のお薦め度 ★★★☆☆


<いわろう>のお薦め度規準

(独断と偏見です。あしからず)

★★★★★蔵書にして読み返したい

★★★★☆読みごたえありでお薦め

★★★☆☆そこそこ読みごたえあり

★★☆☆☆時間つぶしにはなります

★☆☆☆☆時間の無駄使いだけです



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村




by iwaserou | 2019-05-05 21:35 | 読書感想文(お薦め度付き) | Trackback | Comments(0)