岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp

<いわろう>は、団塊世代のジジイです!今日も元気だ!ブログが書ける!

ブログトップ

議論足らず

 平成11年(1999年)、広島県立世羅高等学校で卒業式当日に、君が代斉唱や日章旗掲揚に反対する公務員である教職員と文部省の通達との板挟みになっていた校長が自殺。これを一つのきっかけとして法制化が進み<国旗及び国歌に関する法律>が成立した。

 日章旗・君が代を法制化する国旗国歌法案は1999年8月9日午後の参議院本会議で成立し、同年8月13日に公布、施行された。<法>を遵守するのは<国民>の義務だが。

 <入学式や卒業式で教職員に国旗に向かって起立し、国歌斉唱するよう義務づけた東京都教育委員会の通達を違憲とした21日の東京地裁判決について、石原慎太郎都知事は22日の記者会見で「控訴しますよ。方針は変わらない」と述べ、控訴審で都側の主張を訴えていくことを明言した。石原知事は「式典で国旗・国歌に敬意を払う行為は(学校に)規律を取り戻すための統一行動の一つ。裁判官は実態を見ていない」と反論。

通達は文部科学省の学習指導要領などに基づく適法なものだとして、「義務を怠った教師が懲戒処分を受けるのは当たり前」と述べ、正当性を強調した。一方、小坂文科相は、この日の閣議後会見で「これまでの判決と照らして予想外で、都教委の主張が認められなかったことは驚き」と話し、都の対応を見守る考えを示した。(2006年9月22日20時50分 読売新聞)ヨミウリオンライン引用・編集>

 通達は文部科学省の学習指導要領などに基づく適法なものだから守れとする論法は、当たり前のことで正しい。では何故?反対する教職員がいるのだろう。国旗と国歌に敬意を払う行為も当たり前のことで、これまた正しい。だがその<国旗>と<国歌>そのものに根本的な問題があるのだ。<君が代>の歌詞の意味は、天皇陛下のお治めになるこの御代は千年も万年も、いやいつまでもいつまでも細かい石が大きな石に成長し、さらに苔が生えるまで続いてお栄えになるようにとなる。

そもそも日本国憲法に規定されているように、天皇の地位は日本国及び国民統合の<象徴>である筈なのにだ。一方<国旗>も軍国主義のキナ臭さを臭わせるからだろう。一層のこと<国旗>も<国歌>も全く違うモノを制定したら如何なモノだろうかと思ったりもするのだが・・・いずれにしても再度<国旗>と<国歌>そのものの妥当性について議論するべきなのだろう。
2006/9/22

参考文献:君が代の歌詞訳<マガジンハウス発行ダカーポNO.427(1999/8/18号)>



人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
[PR]
# by iwaserou | 2006-09-22 23:58

次は体験レポート?

 先日、お客さんと昼食をご一緒にした時のこと。「お飲物は、何になさいますか?」とウェイトレスの問に、お互い車で来ているので「お茶にし・・・」って言いかけたら、向かい側のお客さんが「ビール」って告げた。

「ちょっと待ってください!車ですよ!」<いわろう>のそんな言葉に「こう暑くっちゃビールでも飲まなきゃーやってられません!」とお客さんの弁解。「でも~、ご時勢ですし酒はマズイでしょう」と<いわろう>。押し問答の末、大切なお客さん側に押し切られ、互いのコップには<泡付き黄色いお水>が注ぎ、注がれました。幸い、下戸の<いわろう>は唇を濡らす程度で勘弁してもらいましたが、あんな場合でも「絶対ダメ!」って言い切らなければなりません。が難しいものです。

ある意味<俺の注いだ酒が飲めないのか?>的<文化?>を見直されなければ、なくならない<付き合い>だろう。ゴメンなさい!飲酒運転幇助罪を犯してしまいました。 

 <山梨県警甲府署は20日、朝日新聞甲府総局の中川裕史記者(27)を道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで検挙した、と発表した。現場で交通切符(赤切符)を交付されている。 調べでは、中川記者は19日午前1時40分ごろ、甲府市内の自宅近くで、酒気帯びの状態で乗用車を運転した疑い。検問中の同署員が停止を求め、呼気検査をしたところ、発覚したという。社内調査に対し、中川記者は非番だった17日夜から18日午前にかけて、飲食店や自宅などで焼酎やビールを飲んだ、と話している。

同署が発表する直前の20日午後になって初めて上司に検挙されたことを報告した。中川記者は警察担当として一連の飲酒運転撲滅キャンペーンにも携わり、同県身延町教育長が19日に酒気帯び運転で検挙された記事も書いていた。朝日新聞社は20日付で、中川記者を取材現場からはずし、管理本部付とする人事異動を行った。事実関係を確認した上で、速やかに厳正な処分をする。(アサヒドットコム引用)>

 下戸の<いわろう>から見ると理解できない<心境>だ。<いわろう>のお客さんも中川記者も<飲酒運転はいけない!>とちゃんと判ってはいるのだろうが、ついこれぐらいなら<平気>と思うのだろう。事実<平気>なときが多いのだろう。でも一度でも<平気>でないときがあれば・・・。怖ろしいことになるのだ!。
2006/9/21

人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
[PR]
# by iwaserou | 2006-09-21 08:40

ココロの問題

 不祥事が起きれば、責任者がそろい踏みで頭を下げる。そして、責任をとって辞職する。ところが岐阜県の裏金問題の決着がなかなかハッキリとしてこない。出るわ!出るわ!のオンパレードの挙げ句、呆れてしまう。自浄作用は全く期待できない!。

 <裏金3億円プールの岐阜県職組、4役全員再任の見通し!
 岐阜県庁の裏金問題で、約3億円の裏金をプールしていた県職員組合の現執行部の4役全員が、10月の役員選挙に立候補し、再任される見通しであることが19日、分かった。 三浦孝雄委員長は「(再任後)裏金問題が決着すれば退任する」と説明しているが、組合員からは「任期途中で辞めることを前提とした出馬はおかしい」といった批判も出ている。組合によると、組合の役員は計25人。

立候補届け出はすでに締め切られている。立候補している4役が、それぞれ組合員(約5800人)の過半数の信任を得れば再任される。任期は1年間。三浦委員長は立候補した理由について「任期が迫る中で裏金問題の決着をつけるのは難しい」と述べ、あくまでも現幹部で裏金問題に対処する考えを強調した。ただ、現執行部も昨年10月以降、約527万円の裏金をゴルフや二次会の費用など「交流費」として使ったことを認めている。県警が15日、県の調査チームや県が第三者機関として設置した検討委員会、職員組合から、裏金問題に関する全資料の提出を受けていたことが分かった。検討委の報告書では明らかにされなかった、裏金の個人保管や私的流用に関与した職員の実名や時期などのメモも含まれている。(2006年9月20日3時1分 読売新聞)ヨミウリオンライン引用・編集>

 昔から、金は天下の回りモノだと言われる。しかし、その回り方には平等性がないのだ。<プールしていた>なんて綺麗事のように表現している間は、清浄化はむりだろう。組織や、やり方の問題ではない。一人一人の<ココロ>の問題なのだから・・・。
 本当に<悪い事>だと認識している方が何人いらっしゃるのだろう?憶測でモノを言って失礼だが多分、大方の人は、<運が悪かった>と思っていらっしゃるのでしょう。何もウチだけではないと。多分、氷山の一角であることも確かだと思いますが・・・ネェ。
2006/9/20

人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
[PR]
# by iwaserou | 2006-09-20 23:15

録音のはなし?

 尾籠な話で誠に恐縮ですが、出先で急に腹痛にみまわれ<厠>に駆け込み、用をたしたいと思ったとき、昔は精々デパートか駅ぐらいにしかなかったのだが、最近ではすっかり事情が変わってしまった。コンビニの出現だ。

コンビニも少し前、客側も「お借りします」とか何とか言って、帰り際にガムかジュースかを買い求める慎ましさがあった。ところが、ごく最近ではコンビニにトイレがあるのが<常識>になり、胸張って堂々と用をたし手ぶらで帰って行く。さらに、どこのコンビニトイレも美しさを競い合っているらしい。

 <駐車違反の取り締まりを強化した改正道交法の施行に伴って、新たに導入された弁明手続きを巡り、今年6月以降、警視庁に提出された弁明書が約2000通に上り、その多くが「運転中に腹痛に見舞われた」などと、トイレを理由に違反の取り消しを求める内容だったことがわかった。インターネット上にも、「トイレを口実にすれば免除される」という間違った摘発逃れを指南する情報が出回っており、同庁では「自然災害や、車が盗まれたといった理由でなければ取り消しはできないのに……」と、困惑気味だ。

・・・ネット上の掲示板やブログでも、「ステッカーを張られた時は、腹痛のふりをして近くの会社でトイレを借り、既成事実を作ろう」「腹痛のまま運転することは、道交法の安全運転義務の規定に反するので、それを盾に抵抗しよう」などの書き込みが、コピーされて広がっている。弁明で「正当な理由」と認められるのは、〈1〉盗まれた車が路上に放置されていた場合〈2〉災害で車を乗り捨てざるを得なかった場合――などに限られる。約2000件のうちこれに該当したのは売却後、名義変更が間に合わなかった車などを含め約100件程度だった。交通部では、誤った情報が出回っていることについて、「摘発までの時間が短くなった分、2~3分で済む用事なら言い訳にならないと考え、『腹痛によるトイレ』なら、ごまかせると勘違いしている人がいるのでは」と指摘している。(2006年9月19日14時38分 読売新聞)ヨミウリオンライン引用・編集>

 <ねずみ取り>で若い女性がひっかかり下半身をモジモジさせて「おトイレへ急いでるの!」って言ったら即、見逃してくれるって友達が言っていた。さあ!若い女性の皆さん!今度<ねずみ取り>に運悪く捕まったら、試してみてはいかが?保障はしませんがネ。
2006/9/19


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
[PR]
# by iwaserou | 2006-09-19 23:14

今を生きる

 220の自分自身を除いた約数は、1,2,4,5,10,11,20,22,44,55,110で、和は284となる。一方、284の自分自身を除いた約数は、1,2,4,71,142で、その和は220である。このように異なる2つの自然数の自分自身を除いた約数の和が、互いに他方と等しくなるような数を友愛数という。

「君の誕生日はいつだね?」「2月20日です。」「ぼくが大学時代に学長賞でもらった時計の裏にNo284と記されている・・・」元大学教授の数学者(寺尾聰さん)の家に派遣されることとなった家政婦(深津絵里さん)とが気持ちを通わせるシーンだ。。

 連休の今朝、ウトウトしている至福の時、カミさんに叩き起こされ、新聞屋さんに貰ったタダ券で、映画を観てきた。小川洋子さん原作『博士の愛した数式』の映画化作品。第一回本屋大賞受賞だけあって筋立が秀逸で、その上脚本が冴えていた。原作にはない家政婦の息子ルートが大人(吉岡秀隆さん)に成長して、数学の教師となり、彼が<語部>となってストーリーが展開する。吉岡先生の講義を聴きながら見終わったとき、数学嫌いも数学の魅力に取り憑かれるのではないだろうか?

人が生きるということは、煎じ詰めれば<今日を力一杯楽しく生きる>ということだと思った。人は<今日>という日に意味を見いだせなくなれば、生きては行かれないのだ。自宅へ戻りネットを開いてそう思った。

 <18日、愛知県蒲郡市の住宅で、無職関原健三さん(88)と妻、ヨシノさん(87)が1階の和室で死亡しているのを、同居する長男(62)が見つけた。県警蒲郡署の調べによると、健三さんはロープで首をつり、ヨシノさんはベッドの上であおむけに倒れて、布団がかけられていた。ヨシノさんの首には、絞められたような跡があった。健三さんが書いたと見られる、自殺をほのめかす遺書があったことから、同署は無理心中の可能性が高いとみて調べている。

ヨシノさんは3年前から認知症を患い、健三さんも今年6月に脳こうそくで入院し、退院後も通院していた。関原さん夫婦は4人暮らし。朝になっても夫婦が起きてこないため、長男が様子を見に行ったところ、2人が死亡していたという。(2006年9月18日12時46分 読売新聞)ヨミウリオンライン引用・編集>

 80分しかない記憶の中でも幸せのときを過ごせる大学教授と遠い過去の愛情に寄りかかって生きる義姉(浅丘ルリ子さん)の悲劇。人は所詮<今>にしか生きられないのだ。
2006/9/18

人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
[PR]
# by iwaserou | 2006-09-18 20:35