人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp

<いわろう>は、団塊世代のジジイです!今日も元気だ!ブログが書ける!

ブログトップ

タグ:世相雑感 ( 474 ) タグの人気記事

受動喫煙の本当の怖さ

先日、ちょっとした所用で出かけた折のことだ。

寒空のもと、東武野田線のK駅前でバスを待っていた。その駅前のロータリーには、客待ちのタクシーが列をなして並んでいる。

不景気感を助長する風景だ。眺めていたら、その一台から、タクシードライバーが降りて来て、タバコに火をつけ紫煙を燻らし始めたのだ。

それは、女性だった。最近、女性タクシードライバーが増えてきているし、女性の喫煙率もそこそこあることも承知はしているのだが・・・。

その女性は、マナーを誇示するがごとく、携帯用マイ灰皿を持参していた。車中で喫煙すれば、残り香を乗客に敬遠されるから、寒空のもとの喫煙となったのだろう。

それは、それでヨシ!とする。でも、チッと待った!なのだ。
今一度、受動喫煙の定義を思い出してほしい。

タバコの煙には、喫煙者が吸う側から出てくる「主流煙」、火のついたタバコの先から出てくる「副流煙」、そして、喫煙者が吐き出す「呼出煙」の3つがある。

受動喫煙とは、この副流煙や呼出煙を吸ってしまうことをいう。なかなか来ぬバスを待つ人々は、彼女が吐き出す、それらの「有害物質」から、逃げることもできず、吸わされることになるわけだ。

特に副流煙は、主流煙に比べて、発ガン性物質やニコチン、一酸化炭素などといった有害物質が、数倍も多く含まれていることを、彼女はご存知なのだろうか?

では、近くで吸わなければいいというのだろうか?
さにあらずなのだ!

タバコを吸い終わったあとも、20~30分は、目には見えない煙の成分が、呼気から出つづけているそうだ。あの後、彼女の車にすぐ乗った客は、目に見えない有害物質を、しこたま吸わされることになる。本当の怖さはここにある!

また、最近の研究では、喫煙者の手や髪の毛や、服にも有害成分が付着しているとする、「三次喫煙」という考え方まで出てきている。

携帯用マイ灰皿には、「単なるオシャレ」の価値ぐらいしかないのだ。タバコを吸うのは、確かに個人の自由で、納税貢献者でもあるのだが、マナーとか嗜好といって、すましてはおれないようだ。




70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村






by iwaserou | 2020-01-12 12:15 | 人間観察 | Trackback | Comments(0)

<いわろう>は、男三人女三人の六人兄弟の末っ子として、この世に生を受けた。長男は<いわろう>が、生まれる前、肺炎で他界。次男は昨年、ガンで急死した。古希過ぎた現在、男兄弟は<いわろう>一人である。女性の平均寿命が男性のそれに比べて長いことを、我が家の兄弟構成でも、証明されている訳だ。


我々の青春時代には、結婚適齢期という時期があり、それなりの年齢に達した男女は、結婚するのが当たり前であった。いわば、明治以来確立された「家族制度」を粛々と遂行する通過儀礼だった。<いわろう>の兄弟も年齢順に結婚した。今思えば、戦後叫ばれた、生めよ増やせよの政策が、定着していて、我が国の経済成長の担い手を、生み出すことに貢献したのだろう。


ところで、三三九度の盃を交わし、いかなることがあっても、添え遂げるとした若夫婦は、何十年後かに、例外なく意見の相違に愕然とするのである。著者は、そもそも【恋に落ちる男女は、生物多様性の論理に則って、感性の真逆の相手を選んでいるからにほかならない】と説く。


男性脳と女性脳の違いを知り、【事実を肯定するときも否定するときも、その前に、妻の心根は肯定してやる。これこそ、夫が知っておくべき「黄金ルール」である】とも著者は説く。「あっち行って!」とか、「勝手にすれば」とか、「どうしてそうなの?」など、心と裏腹な妻の言葉の本心を知りたい夫は、是非本書を手にするべきだろう。


本書は、妻には内緒でコッソリと、夫が読むべき最良の本である。妻にやられっぱなしの苦悩の日々から抜け出すノウハウがビッシリとつまっているからである。一方、妻も夫には内緒でコッソリと読み込むべき最良の本である。自分自身の本心が解ると同時に、夫の男性脳を理解して、これからの夫婦生活を、もっとエンジョイしたいものだ。




【】内文章は、本書から引用させていただきました。



妻のトリセツ (講談社+α新書)

黒川 伊保子/講談社




<いわろう>のお薦め度 ★★★★☆

<いわろう>のお薦め度規準

(独断と偏見です。あしからず)

★★★★★蔵書にして読み返したい

★★★★☆読みごたえありでお薦め

★★★☆☆そこそこ読みごたえあり

★★☆☆☆時間つぶしにはなります

★☆☆☆☆時間の無駄使いだけです



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村




by iwaserou | 2019-08-18 11:34 | 書評(お薦め度付き) | Trackback | Comments(0)
極めてプライベートな話で恐縮であるが・・・。お宅のアノ営みは、ノーマル?それとも、アブノーマル?っていっても・・・。何がノーマルなのかがハッキリしないのだから、その判断は下し辛いものがある。

ご本人が「これで良し!」とすれば、他人様に迷惑をかけない限り、何でもアリ!のヤリたい放題!でいいと思う。だが、オサンポのときのワンワンスタイルでは、結構迷惑をかけても平気な人が多い昨今である。

少子高齢化の現在、わが国では、子ども(15歳未満)の数より、ペット(猫と犬を足した)の数の方が多いと聞く。よって、マナーの悪い飼い主様も多くみかけるようになった。

先日のこと。散歩中、足下の周囲に可憐な花をさした小瓶が並べられている一本の電柱を見つけた。その電柱の足下には、明らかにワンちゃんのオシッコ跡と、おぼしき汚れが幾重にも重なりあっている。

あの小瓶の列は、近隣住民の苦肉の策なんだろう。「ここで小便させるな!」という立て看板やら、ミニ鳥居の設置よりも、断然抑止力になる、可憐な花である。

奥様!ワンちゃんにハイカラな衣装を着せて闊歩するのは自由だが、電柱をトイレがわりに使わないでほしい。でも、あの片足あげての、ワンワンスタイルは習性だからしかたない!と仰るなら、せめてペットボトルに用意した水で薄めるぐらいの心配りは持ってほしいものだ。



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村









by iwaserou | 2019-08-03 14:16 | 日記 | Trackback | Comments(0)
メタセコイアという樹木を、ご存じだろうか?

ヒノキ科メタセコイア属の落葉樹である。松の木のような葉っぱで、真っ直ぐ天に向かって伸びる枝の多い木だ。庭掃除の人には、落ち葉が半端でなく、厄介がられるが(いわろう)は、どちらかというと好みの木だ。

ある客先での、そのメタセコイアのお話だ。

その客先に久しぶりに訪問すると、玄関先にあった15メーターほどの高さにまで育ったメタセコイアが、丸裸にされているではないか。聞くところによると、建物の増設で邪魔になるので、裏庭に移植するとか。移植先が狭いため、最小限度の枝を残してバッサリと繁っていた枝を切り落としたとか。

それは残念と思わず呟く(いわろう)に、担当者はばつ悪そうにニヤリとした。

(いわろう)が、結構!この樹には、癒されてますからというと、担当者は意外とそうおっしゃる方が多くてと、思案顔に曇った。でも、優先順位から移植することになったのだろう。

ところがそこで、大きな問題が発生した。

当工場を新設するため取得した土地は、もと建設資材置き場であったらしく、当新工場建設を急ぐあまり、更地にする段階で、側溝などそのままにし、盛り土をして建設したらしいのだ。それが、玄関先にメタセコイアを植えるときに気づいたらしい。ところが、植樹当時、誰も予想もしなかった事態にいま驚いている。

メタセコイアの生命力に、掘り起こされた現状を覗き込む人々すべてが、唖然とするそうである。取り壊されずに残した旧側溝のコンクリートを、メタセコイアの太い根が抱き込むように伸びているではないか?樹木の生きることへの執着心を、語る言葉より強力な説得力で、見る人に訴えかけてくる。

そういえば、メタセコイアは1946年、中国四川省で現存していることが確認される以前、日本を含む北半球で化石として発見されるのみで、絶滅した樹木とされていたと聞く。考えてみれば、人生たかだか100年しかない人間様なんかの生命力など足元にも及ばない樹木たちの生命力に脱帽!するのみである。

改めて、丸裸にされたメタセコイアを見上げ、畏敬の念すら抱く(いわろう)がそこにいた。



参考資料:ウィキペディア・メタセコイア


by iwaserou | 2019-07-14 12:17 | 日記 | Trackback | Comments(0)

「絶対」という言葉があるが、人生における「絶対」は、ただひとつ。この世に生を授かったものは「絶対」に死ぬということだ。人はみな、ひとりで生まれて来て、ひとりで死んでゆく。若かりし頃、死ぬということが猛烈に恐ろしく感じる時期もあった。


古希を過ぎ、友人や親族など身近な人が亡くなることが多くなった昨今、あと何年生きられるかと・・・ふと考え「自分の死」と正面から、冷静に向き合えるようになった。主人公・ハナは「ならばあと10年を、好きなように生きて何が悪い。犯罪以外は何をやってもいい年齢だろう」と開き直る。


死に方を考えるということは、生き方を考えることだといわれる。「いい人生だった」と逝けるよう「生涯現役の看板」をより高く掲げる<いわろう>である。


「事実は小説より奇なり」といわれ、現実には予想だにしなかった事件に遭遇したり、まったく想定外の立場に立たされることがあるのは確かである。ところが、この小説は、その上を行く展開に読者を引っ張って行く。「小説は事実よりもっと奇なり!」の世界である。


ネタバレしたくないので、起承転結の「その転」を、これから読む読者に楽しみとして、取って置くことにしよう。


ところで、登場人物のキャラに少々違和感を覚える人も少なくないだろう。『こんな人っているの?』とか『ここまで性格が変化する?』など読後、頭に未消化な残渣が残るのが、せっかく前半が面白かったので誠に残念だ。



すぐ死ぬんだから

内館 牧子/講談社




<いわろう>のお薦め度 ★★★☆☆


<いわろう>のお薦め度規準

(独断と偏見です。あしからず)

★★★★★蔵書にして読み返したい

★★★★☆読みごたえありでお薦め

★★★☆☆そこそこ読みごたえあり

★★☆☆☆時間つぶしにはなります

★☆☆☆☆時間の無駄使いだけです



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村




by iwaserou | 2019-05-05 21:35 | 書評(お薦め度付き) | Trackback | Comments(0)

昨日のこと。


早く目覚めたので、暖かい日差しに誘われて散歩に出かけた。丁度、小学生たちの登校時間のようだ。ピカピカの新入生も、そろそろ学校に慣れて来たころだろうか?真新しいランドセルを眺めながらそんなことを思っていた。


そこへ、背後からやって来た黒色の乗用車が、私を追い越すなりピタリッ!と停まった。そのパワーウインドウが静かに開き、顔をだした男性が、生徒の列の一人に大声で、「○○君!座ってするトイレがあるところをウチの子に教えてやってくれる?」と、その子を呼び止めたのだ。


その車の助手席に沈んでいる子供は、おそらく新一年生なのだろう。腹を押えて便意を堪えている様子だ。<いわろう>は、随分過保護だなァ~なんて、大昔の小言をいいそうになった。最近では、車で送り迎えする親御さんはめずらしくもないそうだ。


ところで、呼び止められた、その男の子の返答に<いわろう>はウケた!


「トイレにあるよ!」

「・・・」新一年生のお父さんは、言葉を失い複雑な面持ちだった。


確かにそれはトイレにある!


体育館や講堂や、ましてや職員室や校長室にも多分ないだろう!お父さんは、人選を誤ったのを後悔しつつ、その男の子を見送っていた。子どもの純真なこころを覗けた、なんと清々しい朝の風景だったんだろう。



更新を通知する



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村







by iwaserou | 2019-04-20 10:50 | 人間観察 | Trackback | Comments(0)
わが家のひとり娘はアラフォーだ。

日頃から、化粧が濃い!だの、身に着ける服が派手すぎるなど!小言ばかり言う<いわろう>。一方、カミさんは「いつまでも子ども扱いしなさんな!」って、<いわろう>に小言ばかりだ。でも、父親の目から見ても、ときにドキッ!とすることがあるから、世の男どもの目線が気がかりなのだ。

先日も、ボディラインがくっきりのタイトなスカートを穿いて出かけようとする娘にひとこと。
「他にないのか?」って言ってしまって、カミさんに睨まれた。でも~あれは正直!刺激すぎた!

そんな矢先のことである。

昨夜、息せき切って帰宅した娘の顔色の異常さに、カミさんは言葉を失っていた。「どうした!」という<いわろう>の質問を聞く間もなく。震えながらも話し始めた娘。仕事疲れでドテッと腰かけてウトウトしていた小田急線の中で、イヤに目線を感じたのでキョロキョロしていたら、向いに座った人と目線があったそうだ。初めは勘違いカナァ~と思ったけど、その人は同じ駅で降り、つかず離れず着いて来たそうだ。

「コリャ~ヤバイ!」と感じた娘は、寄る意志のないマックへ駆け込んだ。ところが、その人もメニューで顔を隠しながら、こちらをチラチラ見ていたそうで、その時点で「私のことをマークしている!」っと確信した娘。逃げの一手だ。タクシーに飛び乗って、一目散に帰宅。とりあえず尾行は切ったというのだ。

<いわろう>は、いつもいってるだろう!化粧は濃いし刺激的過ぎる服はダメ!と言いたいところを我慢して、
「ストカーじゃないのか?」っていったら、カミさんは「まさか!」って鼻で笑った。「まさか!が起こるのが世の中なんだ!」そこで、娘がボソッ!といった。「そうだね~女性にストカーされるとは・・・」

夫婦はそろって「女だったって?」と叫んだ。

<いわろう>は複雑な気持ちだ。まだ男なら理解できるのだが・・・女ストカー!とは・・・
「まさか!が起こるのが世の中なんだ!」と<いわろう>が呟けば、カミさんは「男だったらよかったのに・・・」と、恐ろしいことを軽々しく言った。



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村







by iwaserou | 2019-04-11 22:58 | 日記 | Trackback | Comments(0)

庶民の景気判断指標

「景気はどうなの?」

「いわろう」は、レギュラーガソリンを営業車に補充しながら聞いた。
「良くないですね・・・」
行きつけのガソリンスタンドの店長は顔を曇らせた。

まん前の道路は一級国道で、結構交通量もあるのに・・・
「ほら!混んでるよ!」
「あ~これはね!この先の信号方式が変わって…最悪ですヨ!」
店長によると、交差点の事故が多くて、一方向のみ通行させる方式変更になったとか。

単なる渋滞では、景気判断指標にならないことを知った。

庶民が景気判断する指標にはいろいろとある。

タクシードライバーとの会話、散髪屋のマスターとの会話、デパートの店員と客の数比較、最近では、郊外の大型スーパーの値引き合戦もある。

先日のこと、お昼のお弁当を買い求めに立ち寄ったスーパーで
「1万円お買い上げで3000円のお買い物券進呈!」との
店内のアナウンスを聞きながら、あ~~本当に不景気なんだな~と暗い気持ちに落ちこんでしまった!



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村







by iwaserou | 2019-04-03 23:29 | 日記 | Trackback | Comments(0)

「令和」ってどうなの?

ラジオの前で正座して、今か?今か?と待っていた「いわろう」は、
冷や水をかぶせられた!

「新元号はレイワです!」
晴れやかに官房長官が発表したのだが・・・

この際!
万葉集から引いたとかいう講釈はどうでもいい!
日常会話で使う機会が多い、音から入ってくるイメージが大切なのに・・・

レイワ?

聞くたびに、冷酷!冷淡!寒冷!冷遇!・・・
おまけに・・・
何もないれい!(ゼロ!ともいう)そんなマイナスイメージがある!

どうせなら・・・
オンワとかダンワにしてほしかった!

こんなへそ曲がりは、私だけだろうか?


更新を通知する


70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村







by iwaserou | 2019-04-01 21:45 | 日記 | Trackback | Comments(0)

アオカンしたい!?

先日、友人のY君と新橋駅前で、安い酒を飲みながら、愉しく歓談していた時のことだ。ほろ酔い気分の「いわろう」は、Y君の発した言葉に一瞬耳を疑った。なぜか?酔えば耳は遠くなるし、声が大きくなる。その言葉が、店内に轟いたように思ったので、Y君の言葉を遮った。


「オイ!オイ!アオカンがしたい!なんて大声で叫ぶもんじゃないだろうが!」「だれが?アオカンなんて言ったんだよ!」と、Y君は真顔になった。「君がたった今・・・」「なに聞いてんだよ!お前こそヤルことばかり考えてるから・・・なんでもセックスに結びつけるんだろうが・・・」


Y君は「三寒四温(サンカンシオン)」って言ったのだと、わかった「いわろう」の顔から火が飛び出した。


Y君の話によると、その「三寒四温」っていう言葉は、文字通り冬に寒い日が三日ほど続くと、そのあと四日ほど温暖な日が続くという「7日周期」の気象現象のこと。ところが、もともとは中国北東部や朝鮮半島の諺だったとか。


日本の天候は、大陸の様にシベリア高気圧だけではなく、太平洋高気圧の影響も受けるので、日本では一冬で一度経験できるか、できないかの程度である。最近では寒暖が交互にやってきたときに三寒四温という諺が使われることが多くなっているらしい。


「ところで、暖かくなったらアオカンをやってみたいナア~」って、小声でY君に囁いたら、Y君は赤い顔を縦に力強く何度も振っていた。「春よ来い!早く来い!」爺二人は、いつしか肩組んで合唱しながら、夜更けの新橋の街なみを、千鳥足で終電車をめざしていた。

●この記事を書くにあたり、Wikipediaを参考にさせていただきました。




70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村









by iwaserou | 2019-02-13 23:16 | 日記 | Trackback | Comments(0)