人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

タグ:世相雑感 ( 471 ) タグの人気記事

丸裸にされても···いいの

メタセコイアという樹木を、ご存じだろうか?

ヒノキ科メタセコイア属の落葉樹である。松の木のような葉っぱで、真っ直ぐ天に向かって伸びる枝の多い木だ。庭掃除の人には、落ち葉が半端でなく、厄介がられるが(いわろう)は、どちらかというと好みの木だ。

ある客先での、そのメタセコイアのお話だ。

その客先に久しぶりに訪問すると、玄関先にあった15メーターほどの高さにまで育ったメタセコイアが、丸裸にされているではないか。聞くところによると、建物の増設で邪魔になるので、裏庭に移植するとか。移植先が狭いため、最小限度の枝を残してバッサリと繁っていた枝を切り落としたとか。

それは残念と思わず呟く(いわろう)に、担当者はばつ悪そうにニヤリとした。

(いわろう)が、結構!この樹には、癒されてますからというと、担当者は意外とそうおっしゃる方が多くてと、思案顔に曇った。でも、優先順位から移植することになったのだろう。

ところがそこで、大きな問題が発生した。

当工場を新設するため取得した土地は、もと建設資材置き場であったらしく、当新工場建設を急ぐあまり、更地にする段階で、側溝などそのままにし、盛り土をして建設したらしいのだ。それが、玄関先にメタセコイアを植えるときに気づいたらしい。ところが、植樹当時、誰も予想もしなかった事態にいま驚いている。

メタセコイアの生命力に、掘り起こされた現状を覗き込む人々すべてが、唖然とするそうである。取り壊されずに残した旧側溝のコンクリートを、メタセコイアの太い根が抱き込むように伸びているではないか?樹木の生きることへの執着心を、語る言葉より強力な説得力で、見る人に訴えかけてくる。

そういえば、メタセコイアは1946年、中国四川省で現存していることが確認される以前、日本を含む北半球で化石として発見されるのみで、絶滅した樹木とされていたと聞く。考えてみれば、人生たかだか100年しかない人間様なんかの生命力など足元にも及ばない樹木たちの生命力に脱帽!するのみである。

改めて、丸裸にされたメタセコイアを見上げ、畏敬の念すら抱く(いわろう)がそこにいた。



参考資料:ウィキペディア・メタセコイア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%82%BB%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%82%A2



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村


by iwaserou | 2019-07-14 12:17 | 日記 | Trackback | Comments(0)

「すぐ死ぬんだから」内館牧子・著<講談社>を読んだ

「絶対」という言葉があるが、人生における「絶対」は、ただひとつ。この世に生を授かったものは「絶対」に死ぬということだ。人はみな、ひとりで生まれて来て、ひとりで死んでゆく。若かりし頃、死ぬということが猛烈に恐ろしく感じる時期もあった。


古希を過ぎ、友人や親族など身近な人が亡くなることが多くなった昨今、あと何年生きられるかと・・・ふと考え「自分の死」と正面から、冷静に向き合えるようになった。主人公・ハナは「ならばあと10年を、好きなように生きて何が悪い。犯罪以外は何をやってもいい年齢だろう」と開き直る。


死に方を考えるということは、生き方を考えることだといわれる。「いい人生だった」と逝けるよう「生涯現役の看板」をより高く掲げる<いわろう>である。


「事実は小説より奇なり」といわれ、現実には予想だにしなかった事件に遭遇したり、まったく想定外の立場に立たされることがあるのは確かである。ところが、この小説は、その上を行く展開に読者を引っ張って行く。「小説は事実よりもっと奇なり!」の世界である。


ネタバレしたくないので、起承転結の「その転」を、これから読む読者に楽しみとして、取って置くことにしよう。


ところで、登場人物のキャラに少々違和感を覚える人も少なくないだろう。『こんな人っているの?』とか『ここまで性格が変化する?』など読後、頭に未消化な残渣が残るのが、せっかく前半が面白かったので誠に残念だ。



すぐ死ぬんだから

内館 牧子/講談社




<いわろう>のお薦め度 ★★★☆☆


<いわろう>のお薦め度規準

(独断と偏見です。あしからず)

★★★★★蔵書にして読み返したい

★★★★☆読みごたえありでお薦め

★★★☆☆そこそこ読みごたえあり

★★☆☆☆時間つぶしにはなります

★☆☆☆☆時間の無駄使いだけです



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村




by iwaserou | 2019-05-05 21:35 | 読書感想文(お薦め度付き) | Trackback | Comments(0)

それは、トイレにあるよ!

昨日のこと。


早く目覚めたので、暖かい日差しに誘われて散歩に出かけた。丁度、小学生たちの登校時間のようだ。ピカピカの新入生も、そろそろ学校に慣れて来たころだろうか?真新しいランドセルを眺めながらそんなことを思っていた。


そこへ、背後からやって来た黒色の乗用車が、私を追い越すなりピタリッ!と停まった。そのパワーウインドウが静かに開き、顔をだした男性が、生徒の列の一人に大声で、「○○君!座ってするトイレがあるところをウチの子に教えてやってくれる?」と、その子を呼び止めたのだ。


その車の助手席に沈んでいる子供は、おそらく新一年生なのだろう。腹を押えて便意を堪えている様子だ。<いわろう>は、随分過保護だなァ~なんて、大昔の小言をいいそうになった。最近では、車で送り迎えする親御さんはめずらしくもないそうだ。


ところで、呼び止められた、その男の子の返答に<いわろう>はウケた!


「トイレにあるよ!」

「・・・」新一年生のお父さんは、言葉を失い複雑な面持ちだった。


確かにそれはトイレにある!


体育館や講堂や、ましてや職員室や校長室にも多分ないだろう!お父さんは、人選を誤ったのを後悔しつつ、その男の子を見送っていた。子どもの純真なこころを覗けた、なんと清々しい朝の風景だったんだろう。



更新を通知する



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村







by iwaserou | 2019-04-20 10:50 | 人間観察 | Trackback | Comments(0)

ウチの娘にストーカーが・・・

わが家のひとり娘はアラフォーだ。

日頃から、化粧が濃い!だの、身に着ける服が派手すぎるなど!小言ばかり言う<いわろう>。一方、カミさんは「いつまでも子ども扱いしなさんな!」って、<いわろう>に小言ばかりだ。でも、父親の目から見ても、ときにドキッ!とすることがあるから、世の男どもの目線が気がかりなのだ。

先日も、ボディラインがくっきりのタイトなスカートを穿いて出かけようとする娘にひとこと。
「他にないのか?」って言ってしまって、カミさんに睨まれた。でも~あれは正直!刺激すぎた!

そんな矢先のことである。

昨夜、息せき切って帰宅した娘の顔色の異常さに、カミさんは言葉を失っていた。「どうした!」という<いわろう>の質問を聞く間もなく。震えながらも話し始めた娘。仕事疲れでドテッと腰かけてウトウトしていた小田急線の中で、イヤに目線を感じたのでキョロキョロしていたら、向いに座った人と目線があったそうだ。初めは勘違いカナァ~と思ったけど、その人は同じ駅で降り、つかず離れず着いて来たそうだ。

「コリャ~ヤバイ!」と感じた娘は、寄る意志のないマックへ駆け込んだ。ところが、その人もメニューで顔を隠しながら、こちらをチラチラ見ていたそうで、その時点で「私のことをマークしている!」っと確信した娘。逃げの一手だ。タクシーに飛び乗って、一目散に帰宅。とりあえず尾行は切ったというのだ。

<いわろう>は、いつもいってるだろう!化粧は濃いし刺激的過ぎる服はダメ!と言いたいところを我慢して、
「ストカーじゃないのか?」っていったら、カミさんは「まさか!」って鼻で笑った。「まさか!が起こるのが世の中なんだ!」そこで、娘がボソッ!といった。「そうだね~女性にストカーされるとは・・・」

夫婦はそろって「女だったって?」と叫んだ。

<いわろう>は複雑な気持ちだ。まだ男なら理解できるのだが・・・女ストカー!とは・・・
「まさか!が起こるのが世の中なんだ!」と<いわろう>が呟けば、カミさんは「男だったらよかったのに・・・」と、恐ろしいことを軽々しく言った。



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村







by iwaserou | 2019-04-11 22:58 | 日記 | Trackback | Comments(0)

庶民の景気判断指標

「景気はどうなの?」

「いわろう」は、レギュラーガソリンを営業車に補充しながら聞いた。
「良くないですね・・・」
行きつけのガソリンスタンドの店長は顔を曇らせた。

まん前の道路は一級国道で、結構交通量もあるのに・・・
「ほら!混んでるよ!」
「あ~これはね!この先の信号方式が変わって…最悪ですヨ!」
店長によると、交差点の事故が多くて、一方向のみ通行させる方式変更になったとか。

単なる渋滞では、景気判断指標にならないことを知った。

庶民が景気判断する指標にはいろいろとある。

タクシードライバーとの会話、散髪屋のマスターとの会話、デパートの店員と客の数比較、最近では、郊外の大型スーパーの値引き合戦もある。

先日のこと、お昼のお弁当を買い求めに立ち寄ったスーパーで
「1万円お買い上げで3000円のお買い物券進呈!」との
店内のアナウンスを聞きながら、あ~~本当に不景気なんだな~と暗い気持ちに落ちこんでしまった!



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村







by iwaserou | 2019-04-03 23:29 | 日記 | Trackback | Comments(0)

「令和」ってどうなの?

ラジオの前で正座して、今か?今か?と待っていた「いわろう」は、
冷や水をかぶせられた!

「新元号はレイワです!」
晴れやかに官房長官が発表したのだが・・・

この際!
万葉集から引いたとかいう講釈はどうでもいい!
日常会話で使う機会が多い、音から入ってくるイメージが大切なのに・・・

レイワ?

聞くたびに、冷酷!冷淡!寒冷!冷遇!・・・
おまけに・・・
何もないれい!(ゼロ!ともいう)そんなマイナスイメージがある!

どうせなら・・・
オンワとかダンワにしてほしかった!

こんなへそ曲がりは、私だけだろうか?


更新を通知する


70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村







by iwaserou | 2019-04-01 21:45 | 日記 | Trackback | Comments(0)

アオカンしたい!?

先日、友人のY君と新橋駅前で、安い酒を飲みながら、愉しく歓談していた時のことだ。ほろ酔い気分の「いわろう」は、Y君の発した言葉に一瞬耳を疑った。なぜか?酔えば耳は遠くなるし、声が大きくなる。その言葉が、店内に轟いたように思ったので、Y君の言葉を遮った。


「オイ!オイ!アオカンがしたい!なんて大声で叫ぶもんじゃないだろうが!」「だれが?アオカンなんて言ったんだよ!」と、Y君は真顔になった。「君がたった今・・・」「なに聞いてんだよ!お前こそヤルことばかり考えてるから・・・なんでもセックスに結びつけるんだろうが・・・」


Y君は「三寒四温(サンカンシオン)」って言ったのだと、わかった「いわろう」の顔から火が飛び出した。


Y君の話によると、その「三寒四温」っていう言葉は、文字通り冬に寒い日が三日ほど続くと、そのあと四日ほど温暖な日が続くという「7日周期」の気象現象のこと。ところが、もともとは中国北東部や朝鮮半島の諺だったとか。


日本の天候は、大陸の様にシベリア高気圧だけではなく、太平洋高気圧の影響も受けるので、日本では一冬で一度経験できるか、できないかの程度である。最近では寒暖が交互にやってきたときに三寒四温という諺が使われることが多くなっているらしい。


「ところで、暖かくなったらアオカンをやってみたいナア~」って、小声でY君に囁いたら、Y君は赤い顔を縦に力強く何度も振っていた。「春よ来い!早く来い!」爺二人は、いつしか肩組んで合唱しながら、夜更けの新橋の街なみを、千鳥足で終電車をめざしていた。

●この記事を書くにあたり、Wikipediaを参考にさせていただきました。




70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村









by iwaserou | 2019-02-13 23:16 | 日記 | Trackback | Comments(0)

カミさんと外でオ〇ン〇しました!

今日は節分。明日は立春で、暦の上ではもう~春。だからか今日の日差しはとても暖かかった。そこで、炬燵でゴロゴロしているカミさんに「久しぶりに、外でオ○ン○しよう!」と誘ってみた。カミさんに軽蔑のマナコで見なれながらも、「健康にいいから・・・」って再度誘ってみた。


「本当ね!外の方が暖かくって気持ちがイイッ!」シブシブついてきたはずのカミさんが、久しぶりに笑顔をみせた。「だから健康にいいんだって言っただろう!」「いわろう」も、カミさんに負けない笑みを返した。


「最近、ぜんぜん歩いてないから・・・胃腸の調子が悪いのよ!」「だろう!食ってはゴロゴロしているから冬太りするんだ!」「いわろう」は、自分の腹回りを両手でつかみながら言った。


「ほら!若いカップルもオ○ン○してる!」「そういえば、最近老々散歩をよく見かけるね!」「っていうか、どこへ行っても年寄りばッかりだワッ!」「人口構成に対する政治の無策の成れの果て・・・って感じるよ!」「いけない!せっかくの健康志向のオサンポをしなから愚痴ってはイケない!イケない!」


そういうわれわれも、ヤッパリ!老々オ散歩ってとこだ!



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村









by iwaserou | 2019-02-02 22:56 | 日記 | Trackback | Comments(2)

カミさんと今年初めてのオ○○○をしました!

アラフォーの一人娘が、お泊りの新年会だといって、熱海に出かけた昨夜。カミさんと久しぶりにオ○○○をしました。思い切り厚化粧の娘を送り出した土曜の朝から「いわろう」もカミさんも珍しく、「今夜は一発やろう!」と波長が合ったのだ。


想い起せば、昨年の夏。娘が勤め先の社員旅行でハワイへ出かけたとき以来だから・・・。実に半年ぶりのオ〇○○である。「やっと!できますね~」カミさんの頬は、ピンク色に上気し色っぽい。カミさんは古希前だというのに・・・。オ○○○には、二人とも目がない!


「今回もよくかき混ぜてね!」「うんうん!」大きく頷く「いわろう」に、「早く齧り付きたいワ~~~!」とカミさんの鼻息は、より荒々しくなるばかりだ。「お昼っからスル?」と血気盛んなカミさんを宥め、お昼は大好物の「煮込みウドン」で軽く済ませた次第だ。


冬の夕暮れは早いが、昨夜は暮れるのが、こころなしか遅かったと感じたほど待ち遠しかった。「ゆっくり味わいたいから・・・そろそろお風呂にします!」カミさんは、夕刻7時のニュースを待たずに誘ってきた。久しぶりのオ〇○○に賭ける深い心意気を感じさせるではないか・・・。


「そんな早くからお風呂に入ったら風邪ひくゼ!」という「いわろう」に、「エアコンと石油ストーブで部屋をガンガン暖めれば平気だよ!」というカミさんに押し切られて、夫婦水入らずでお風呂した。


さあ~いよいよオ○○○をヤル時間がきた!



「あなた!あまりキツく押えないでね!」カミさんの指示通り、ついつい押えたい気持ちを堪え、やさしく膨らんでくるのを待つ「いわろう」であった。


娘が匂いすら大嫌いという「お好み焼」は、彼女が留守の時しか食せないのだ!


ところで、「お好み焼」の美味しく焼くコツは、ネタをよくかき混ぜることと、絶対に押えこまないことだ!昨夜は暖房のよくきいた部屋で、大好物の「オ好み焼」を、夫婦水入らずで、三発も齧り付き味わった次第だ!




70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村









by iwaserou | 2019-01-20 15:46 | 日記 | Trackback | Comments(0)

今夜はカレーなの?シチューなの?

カミさんの友人が、昨年暮れに「お店」を出した。なんと75歳になるというのに・・・。長年の夢だった「お店」を出し、90歳まで頑張るのだと聞くと「人生100年時代」が、すでに現実になっているように思う。


そのお店というのは、「一膳めし屋」以上、「レストラン」未満の「お食事処」らしい。カミさんは、連日のように「お手伝い」と称して、「お店の立ち上げに」顔を突っ込んでいるようだ。頼まれもしない「お品書き」など、パソコンで作っている。


「食べ物屋のパートっていいのよね~~~」


お昼は、ありあわせのもので、自分たちの分は作ってたべるので「お弁当」の持参は不要なのだとか。さらに、客が少なかった日には、残り物をタッパーに詰めて持ち帰り、わが家の夕飯に変身する。


今夜も「残り物のカレー」が、わが家の夕飯だった。ところが、それが「ひと悶着」を引き起こしたのだ。カミさんが「カレーだと思って持ち帰ってきたけど・・・シチューだった」といえば、向かいで食していたアラフォー娘が、「このスパイシーさがアンタには判らないの?」と、カミさんの味オンチを攻める。


その傍らで黙して食べていた「いわろう」は、「・・・」あわてた。

『カレーとシチューってどこがどう違うの?』


テーブルの下で、こっそりと、スマホでググってみた。人間が「カレー」か「シチュー」かを判断する決め手となるのは、スパイスだそうだ。今の今まで、白いからシチューで、黄色だからカレーと思っていた「いわろう」は、古希になっても、なお学ぶことがあることに一人楽しんでいた。





70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村









by iwaserou | 2019-01-19 23:23 | 日記 | Trackback | Comments(0)