タグ:仕事関連 ( 41 ) タグの人気記事

「吉原と日本人のセックス400年史」下川耿史X永井義男・<辰巳出版>を読んだ

先週の金曜日、取引先のY部長と飲み食いした。今月の二度目の三連休とあって、遊びモードが勝ってか、仕事のノリがイマイチだったので、「気持ちの切り替えでもしますか?」と、Y部長を誘ったのだ。Y部長はC社の購入品調達の責任者なので、一応世間でいう接待に当たるが、Y部長とはなぜかウマが合うので、ちょくちょくご一緒する。


「遊廓というのは、豊臣秀吉が京都に開設したのが始まりですってね~~~~」


<いわろう>は、先日読み終えた本書の受け売りをY部長に振ってみた。「突然だね~~岩瀬さん!」好色家を自認するY部長でさえ、さすがに引けたようだが、「そういえば・・・」と、Yさんの若かりし日の面白い話を引きだすことに成功した。


「もう~四半世紀も前のことだがね・・・」で始まったYさんの話。悪友たちとM市のソープに行ったんだが、待合室には客が溢れていたよ!やっと自分の番が回って来た時は、すでに身もこころ消チンしていたけど、すでに前払いを済ませているので、その分は取り戻すべく、気持ちもアソコも振い立たせたらしい。


案内された部屋には、場違いな初老の女性がいた。還暦なんかとっくに越えている老婆がね・・・。水みたいな薄いウイスキーを接待してくれるんだよ!そんなモンいらんから、コトに急ぎたいYさんはイライラしていたら、なんと!その老婆が着ているものを脱ぎ始めるではないか。


その状況を見て、Yさんの腰は浮きかけたのだが、支払った分を回収するという、立派な大義名分がある。泣く泣く、そのバアさんとコトをいたしたということだった。


ところで、本書の受け売りで恐縮だが、「 客が初めて遊女を指名したときを初会という。二回目を裏、あるいは裏を返すといった。三回目から馴染みと呼ばれる」とか、「盆踊りは中世の念仏踊りから起こったもので、最初から男女の乱交を伴ったレジャーだった」とか、「夏の盛りに、汗を出し切った女性の尿ほど美味しいものはない」など、ソッチ方面の知識を得たい!好き者には楽しめる内容が満載でオススメである。


生涯現役!元気のヒミツはすっぽん!30年の実績サプリ<パワーライフ>



吉原と日本人のセックス四〇〇年史

下川 耿史,永井 義男/辰巳出版

<いわろう>のお薦め度 ★★★★☆

<いわろう>のお薦め度規準

(独断と偏見です。あしからず)

★★★★★蔵書にして読み返したい

★★★★☆読みごたえありでお薦め

★★★☆☆そこそこ読みごたえあり

★★☆☆☆時間つぶしにはなります

★☆☆☆☆時間の無駄使いだけです



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村





[PR]
by iwaserou | 2018-09-23 18:05 | 読書感想文(お薦め度付き)

お恥ずかしいオハナシ

先日、大学の同窓会が久しぶりに大阪であった。古希になった同窓生の話題は健康のことばかりだった。そんな中、愛知で車の整備工場を営んでいるA君の口ぐせを久しぶりに聞いた。「ヨーロッパ製を新車で購入しても、まず整備から始めないと安心できない!」と、同窓生に熱く語りかけていた。


一方、日本車の素晴らしい性能は世界に轟いている。アジアあたりでは、日本車のマークさえついておれば、オンボロの中古車でも高額で売れるらしい。すぐれた素材をベースにした、日本のモノづくりの正確さ、精密さ、緻密さは比類のない高性能な車を造って来た。


いままでは・・・。


ところが、昨今露呈し続ける、素材メーカーや、大手自動車会社の不祥事に、あきれるばかりである。不必要なオーバースペックを“狙いすぎる規格設定”が、ひとつの原因であるかも知れないが、自ら決めた規格値を満たしていないのに、合格品であると客先を平気で騙す。


お粗末でお恥ずかしいオハナシである。


日本車もいずれ、ヨーロッパ車の様に「新車で購入しても、まず整備から始めないと安心できない!」といわれるのが、世界の常識になる日への一歩でもないだろうが、それも、まんざら笑ってもいられない昨今のニュース報道である。モノを造ってナンボ!の無資源国の日本である。驕りを捨て!原点に立ち戻って襟を正す時期になったとも言えそうだ。





70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村









[PR]
by iwaserou | 2018-09-19 23:04 | ニュース報道関連

「100歳までクルマを運転する」桃田 健史・著<洋泉社>を読んだ

<いわろう>は古希ながら、ほぼ毎日クルマを運転している。もちろん、趣味で乗り回しているのではない。タクシーやトラックのドライバーでもない。営業という仕事柄、客先へ訪問するのにクルマは必需品である。


都内営業なら、むしろクルマは足手まといになるだろうが、地方では断然クルマの機動力がモノをいう。そもそも、運転という行為は、「認知・判断・操作」の三つのプロセスを繰り返しおこなうことであるが、古希ともなると無意識に、それぞれのプロセスで、微妙なズレを生じてくるようだ。


先日のこと、走り慣れているはずの道路を、客先でのプレゼンの順序を考えながら、交差点に差し掛かったとき、猛スピードのクルマが、目の前を交差し走り抜けて行った。「危ない運転してるナァ~」と思いながら、ふと前方を見ると、なんと!赤信号が灯っていた。


「運転中は100%運転に集中すること!」そんな、基本も守られていない自分に愕然とした。クルマの基本である「走る・曲がる・止まる」という運動性能は、ここにきて、格段に性能アップしている。といっても、運転者のうっかりミスまで、まだまだ防いではくれないのだ。


「自己責任とは、他人を巻き込まず、自分のこととして完結する考え方ではありません。家族に対して、また地域社会に対して、自分の行動の責任を持つことです」と著者はいう


「クルマの運転はずっと座ったままなので身体にとって楽だ、と思っている人がいますが、じつはクルマの運転は、とても体力がいる作業なのです」と著者は指摘する。それは、およそ半世紀クルマを運転してきた<いわろう>が一番知っていることでもある。


著者は最後に締めくくる


家族は高齢ドライバーに対して「そろそろ免許を返納したほうがいいのでは?」と、運転をやめることを前提とした会話をしないでほしいと。条件付き運転免許の考え方を取り入れるなど、方法はいくらでもある。人生100年到来!これからは、自動運転のクルマも普及し、「100歳までクルマを運転する」ことが、一般的になるのだろう。


「運転中は100%運転に集中すること!」の基本を忘れてはならないことだ!


100歳までクルマを運転する

桃田 健史/洋泉社




<いわろう>のお薦め度 ★★★☆☆


<いわろう>のお薦め度規準

(独断と偏見です。あしからず)

★★★★★蔵書にして読み返したい

★★★★☆読みごたえありでお薦め

★★★☆☆そこそこ読みごたえあり

★★☆☆☆時間つぶしにはなります

★☆☆☆☆時間の無駄使いだけです



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村








[PR]
by iwaserou | 2018-09-09 21:41 | 読書感想文(お薦め度付き)

セックスを「楽しむ」と「愉しむ」の違いについての一考察

久しぶりに友人T君と飲むことになった。T君は大学の二年後輩である。<いわろう>が、サラリーマン時代、営業で一緒に頑張った仲間だが、独立した<いわろう>と違って、ノルマの厳しい超優良企業ひとすじで、しっかり定年まで勤めあげた根性のある男だ。


「あのころ、定年退職まで働くとは、思わなかったですけど~」T君はグラス片手に、遠くを眺めてしんみりと言った。「オレ!こんな会社なんか!明日から来ないから・・・ってお互いに言い合っていたのが昨日のようだよ!」<いわろう>も、遠くを見つめて感慨に耽っていた。


そういえば、当時のT君の口ぐせを思い出した。「仕事とセックスは、家庭には持ち込まない!って、いつも言ってたよナァ~」「そうそう!有言実行してましたよ!」T君は酔いが程よくまわったのか、いつもの雄弁さに拍車がかかったようだ。


「あの人とは、今でも?」「そうですね~あれから、もう15年になります!」T君は既婚者なのに、20歳近く年下のよその奥さんと、いまでも付きあっているようで、いわゆるダブル不倫である。老いてもますますお盛んなことだ。


当時、T君から「楽しむ」と「愉しむ」の違いについての蘊蓄を聞かされたのを思い出した。


「カミさんとのセックスは<楽しむ>んだけど、不倫相手とのセックスは<愉しむ>のです!」


つまり「楽しむ」は与えられたことに対して楽しく過ごすことで、すでに設定された枠内で楽しむこと。どちらかというと「受動的」であるとか。


その一方、不倫相手とのセックスは愉しむのだそうだ。「愉」には、「心」を表す「りっしんべん」があるように、心から楽しむことで、積極的に自ら働きかける「能動的」であるとか。


<いわろう>は、彼のあの蘊蓄を機会に「楽しむ」と「愉しむ」の違いを、しっかりと学んだことを思い出していた。


「ところで、いまもセックスを愉しんでいるのかい?」との<いわろう>の問いに、T君は、もちろんですと右手の親指をピンと立ててウインクを返していた。多分、20年ほど前から「楽しむ」方は皆無なのだろう。「仕事とセックスは、家庭に持ち込まない!」を、いまでも実践しているようだった。



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村








[PR]
by iwaserou | 2018-09-08 22:24 | 違いについての一考察

72歳なのに、ひと晩で14発!すごい!

<いわろう>は初対面の人に、とても古希には見えません!とよく言われる。その都度、運転免許証を提示することにしている。「ほんとうに古希ですね~」と頷きながらも、また「若い!」っていわれる。


人並みに人生の一通りの苦労はしているのだが、それが全然身についていないからだろう。出たとこ勝負という人生訓を旨としているからだ。要は「能天気な楽天家」なのだ。


ところで、先日、あるメーカーのS社長さんと、お昼ご飯を共にする機会があった。「岩瀬さん!いつ見ても若いね~~~!確か古希とか・・・」<いわろう>の顔を舐めまわすように眺めながら、S社長さんは言った。


「そういう社長も、お若い!」72歳のS社長さんが、<いわろう>のこの言葉を密かに待っていたのが、彼の鼻の膨らみでわかった。「いや!いや!岩瀬さんには負けるよ!」と応えながらも、心地よさそうに料理に舌鼓を打っていた。


「ところで、岩瀬さん!この間、出張先で徹マン14発やっちゃったよ!」


と場違いの話題を<いわろう>に振ってきた。全国を飛び回るS社長は、行く先々に女あり!の「艶福家」とは、以前から聞いて知っていたのだが。72歳。ひと晩で14発とは・・・。「お相手は、やはり!お若い方なんでしょ?」<いわろう>は、気づいたときには、すでにそう質問していた。


「若いのも、年配者にもお手合わせしてもらったネ!」「そうでしょうねェ~~~同じお相手なら14発はムリですもんね・・・」<いわろう>は、その道の達人のように納得した。


8時から始めたとして、朝の8時までの12時間で14発ということは、およそ50分に一発という計算だけど~~~?マンざら嘘だともいえないか?<いわろう>は、己の回復力と比較しながら、密かに独りごちた。


世の中には、なにごとにも「強者」がいるとは聞くが・・・ひと晩で14発!それも72歳!すごすぎる。「さすがに、朝方の14発目は、指先でアレをチョロチョロ弄るぐらいでお相手していたら、親マンに振り込んでしまったんだ!」「なに~!親マン!ですって!」<いわろう>は、レストラン中に響き渡るかと思うほどのスットンキョウな声を発していた。


「徹マン」とは、徹夜で麻雀に興ずることであることは、懸命な諸君はご存知だろう?けど、<いわろう>と同じように、「徹マン」をチョッと、違う意味に勘違いされた人が、もしもいらしたら、申しわっけなかったと謝りつつ、今夜はここで筆を置こう!




[PR]
by iwaserou | 2018-09-06 20:58 | 人間観察

「終わった人」内館牧子・著<講談社>を読んだ

<いわろう>は、サラリーマン経験者だが、古希になってもビンビンの現役だ。不惑であるべき四十歳で独立したからだ。かつての流行語でいう「脱サラ」である。よって、定年は経験していないし、今後もすることは絶対にない。「一国一城の主」とは聞こえはいいが、現実は借金まみれの社長さんである。


脱サラで経験しなかった「定年」による心境の変化が体感できる、本書は遅読家自慢の<いわろう>ですら、サクサクと一気に読み終えたほど、おもしろくて誰かに薦めたくなる小説である。


何度か出てくる、「残る桜も散る桜」とは、雇われ身の悲哀を上手く表現している。<いわろう>が一度しかない人生なのだからと、根拠のまるでない自信をいだき、世間の荒波に飛び込んだ大きな理由は「生涯現役」を貫こうとしたからだ。


大手銀行の出世コースにいた主人公だが、その歯車が少しずつ軋みだし、子会社に出向。そのまま「定年」という生前葬を迎える。仕事を離れて、スーツにふさわしくない男には、スーツが似合わないと著者はいう。スーツはある意味、サラリーマンの勲章なのだろう。


この小説は、<いわろう>を含めた団塊世代の今日的問題提議であり、現役世代にとっても将来必ず遭遇する、避けられない普遍的テーマを、軽妙な文章で書き下ろされた問題作だとされる。それには、<いわろう>も異議はない。最近、「人生100年」と喧しい!


働き方や定年のあり方を考え直す時期に来ているといえるのだろう。


終わった人

内館 牧子/講談社


<いわろう>のお薦め度 ★★★★☆


<いわろう>のお薦め度規準

(独断と偏見です。あしからず)

★★★★★蔵書にして読み返したい

★★★★☆読みごたえありでお薦め

★★★☆☆そこそこ読みごたえあり

★★☆☆☆時間つぶしにはなります

★☆☆☆☆時間の無駄使いだけです



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村








[PR]
by iwaserou | 2018-09-05 21:53 | 読書感想文(お薦め度付き)

スケベサイトを観たことのある人はご用心!

先日、営業で訪れた客先でのこと。「毎度!」と明るく扉を開けて入ろうとしたら、真面目で、いつもは物静かな専務が、スマホを握る手を震わせながら、興奮状態で電話相手とやりとりしているところだった。


「あなたね~~!そんな高額な金額をすぐに払えっていっても・・・」

スマホを握る手を小刻みに震わせなが激昂して話している。


<いわろう>は、明らかにいつもと違う専務の血相に、思わず外へ飛び出そうとした。ところが、専務は電話をしながら、他の手で手招きしている。<いわろう>は、その部屋に留まることになった。


「あなたね~~!次の段階に進むって・・・裁判だって?・・・」

「・・・」相手が二言三言いって、電話は切れた。


「専務!どうしたんですか?」「いやね~有料サイトの閲覧代の未納金が、263千円あるので早く払わないと、裁判沙汰になるって・・・」「専務!チッョと待ってください!」


聴くところによると、いきなりメールがきて、未納金があるので以下の電話番号まで、今すぐ連絡するようにとのこと。専務は即電話して、聞かれるままに氏名はもちろんのこと、ご丁寧に生年月日まで回答したとのこと。


「その電話番号は即刻!変更した方がいい!」と<いわろう>はアドバイスした。


誰でも一度や二度や三度や・・・スケベサイトを観たことはあるだろう?

それが深層心理にあり、そこを突かれると、後ろめたさと羞恥心が燻り始め、これは払うしかないかと観念しそうになる。


そこが、詐欺グループの仕掛けた「思う壺」なのだ。


過去に、こっそりスケベサイトで愉しんだことのある、紳士さま!淑女さま!

かような詐欺には絶対に引っかからないように、ご用心あれ!


正解はスルーする!しかありませんゾ!




70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村








[PR]
by iwaserou | 2018-09-04 22:15 | 人間観察

「読んだら忘れない読書術」樺沢紫苑<サンマーク出版>を読んだ

このタイトルにフラッ!と手が出る「自称・読書家」も多いことだろう!

<いわろう>も、読んだ後からすぐに忘れるタイプだから、もちろん手が出た。

「オ~ッ!これは、ボクのための本だ!」って、一気に読んでしまった。


<いわろう>は、読書しながら“ピン”ときたところに付箋を貼りつけ、読み終えたのちに、その付箋ヶ所を再読しているのだが・・・。たった今、読み終えたところなのに、そうなんだ!と新たに知見したかのように、反芻することもしばしば。


毎月30冊の読書をこなし、インターネット媒体で毎日、数十万人に情報発信する著者。異色の精神科医が、脳科学に裏付けられた、まさに「読んだら忘れない読書術」を、惜しみなく伝授してくれる。


【読書は「たくさん読む」より「何を読むか」のほうが、10倍重要です。】

【読書はあなたの人生を変えてくれる】ものでなくては、いけない!のである。


また、【文章力をつけたければ、本を読め】に尽きると著書もいわれている。

かねがね言われているように、質のいい「アウトプット」は、質のいい「インプット」があってこそである。


読書とは無縁な人にこそ読んでほしい一冊である。


【】内は本書より引用させていただきました。

読んだら忘れない読書術

樺沢紫苑/サンマーク出版



<いわろう>のお薦め度 ★★★★★


<いわろう>のお薦め度規準

(独断と偏見です。あしからず)

★★★★★蔵書にして読み返したい

★★★★☆読みごたえありでお薦め

★★★☆☆そこそこ読みごたえあり

★★☆☆☆時間つぶしにはなります

★☆☆☆☆時間の無駄使いだけです



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村








[PR]
by iwaserou | 2018-09-01 20:08 | 読書感想文(お薦め度付き)

「ちぶさ」と「ニュウボウ」の違いについての一考察

 外資系生保の代理店をやっているY君が、おもしろい話をしてくれた。

「それで・・・」Y君は言いよどんだ。「どうしたんだい?」いわろうが水を向けると、Y君が笑い出した。先日、代理店研修会のとき、乳房<ニュウボウ>の模型が回され、触診で乳ガンのシコリの感覚を体験したらしい。

「Yさん!その手つきって、ちょっと違うんじゃあない?」って、隣席の代理店のご婦人に白い目で見られたらしい。「つい!いつもの癖がでたんだ!」いわろうのチョッカイにY君はムッとした。

「でも、その模型って本当によくできてるんだ!まるで本物なんだゼ!」
「それで!ついか?」Y君はまたムッとした。

「乳ガンって、乳房を四等分したイメージで、脇に近い部分に発生することが多いんだって。」なんでも、右上と左上。つまり、リンパ腺の近くの発症率が多いということらしい。

「初期のシコリは、ここだ!と教えられても、その場所にシコリなんか見つからないんだ・・・素人には」「ところで、さっきからニュウボウって言ってるけど・・・ちぶさっていう呼び方もあるよなァ~?」いわろうは素朴な疑問を、Y君に投げかてみた。

 流石にガン保険を扱っていて、それなりに専門用語に長けてるY君は即答した。
「医学用語として使うときは<ニュウボウ>といい、一般的に使われるときは<ちぶさ>っていうんだよ!」

「そうだよね・・・ヤッパ!あの感触は一般的に<ちぶさ>と呼ばなければ、シックリとこないよ!ニュウボウじゃあちょっと・・・」いわろうは、思いに耽け遠くを見るような目をしていった。

するとY君は、言葉もなく呆れた顔をいわろうに向けるだけだった。

ところで、
<ニュウボウ>を、まだ一度もご覧になったことのない人のための参考資料として、リンクを貼っておきました。それはそれなりに医学的見地ウンヌンカンヌン・・・


参考資料はこちらから



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2013-07-03 22:30 | 違いについての一考察

気づくのが遅すぎた

友人M君の話で、<いわろう>は気づいた。

サラリーマン時代、徐々に「主流」から離され、「居場所」がなくなり、辞表を書き独立し起業した<いわろう>。
M君の話で、その大きな原因のひとつがわかったのだ。

そのM君の話はこうだ。

M君は、永年勤めた会社を定年退職し、あるショッピングセンターの夜間警備員のパートで働いている。
そこで欠員ができ、その補充要員に二十八歳という若者が、この春から働きだしたそうだ。
はじめのころ「君みたいな若い人が、こんな仕事場にいてはダメ!」といっていたのだが・・・。

居着いてしまったのだ。

M君は、その若者の扱いにホトホト困っているらしい。
「人の話を最後まで聞かないんだよ!」M君は顔の半分を歪めながら、苦々しくいった。アドバイスしようと話はじめると、「それはこうだ・・・!のあ~だの」と自分の考えや意見を被せてくるらしい。

M君はいう。

「だろう?話するのも嫌になってくるよ」M君は最近その若者とチームを組む日は、朝から憂鬱になるらしい。
「要するに!可愛げがない!なんでもハイハイと従えとはいわないが・・・」

<いわろう>は、そこで気づいたのだ。自分も若き日、そんな傾向にあったのだ。人の話を最後まで聞かず、なんだかんだと<口を挟んで>いたのだ。

いまさら、気づいてももう<随分>遅い。
若き日の<いわろう>は、大勢の人を嫌な気分にさせたことだろう。遅ればせながら、ここで謝っておこう。

「ゴメンなさい!」


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
[PR]
by iwaserou | 2011-12-02 22:59 | 人間観察

古希のジジイで~す♪


by いわろう
プロフィールを見る