岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

タグ:家族との関わり ( 102 ) タグの人気記事

息子とムスコの違いについての一考察

 むかしむかし、ある村に冴えない父子が、ひっそりと暮らしてたとさ。

ある日のこと、親父が出掛ける村の寄り合いに、ひとり息子を連れて行ったんだと。

夜も更けたその帰り道、ほろ酔い加減の親父が、道端で立ちションさ、おっぱじめたんだ。

すると息子も横さ並んで、立ちションを始めたんだが…。

親父が、息子の小便の勢いのなさを、憂いて言ったんだとさ。

「ワシらがオメエらみたいな若い頃には、手さ離してても、遠くまで飛んだもんだ…」

すると息子がいったそうな

「トッサン!オラ!手さ離したら、ションベンがツラさかかるだが…」

親父は、息子のムスコを羨ましいそうに、拝むように見てたとさ。


 <いわろう>は、この昔話を雑誌で読んで、次男がまだ幼い頃のことを思い出した。

 ある日、次男とお風呂に入ってたときのことだ。

 先に湯船に入っている次男と一緒に、湯船に浸かろうと湯船の端を跨いだところ、次男の顔面に<いわろう>のムスコがぶらり。次男は間髪入れず、モミジのような小さい指先で<いわろう>のムスコを示してひとこと。

「デカッ!」と絶句したのだ!

 なにも<いわろう>は、自分のムスコ自慢がしたいのではない。そのときの真剣な次男の表情が、あまりにも生真面目で、可愛いかったと息子自慢がしたいのだ。

 あれからもう四半世紀以上も経ったいま、その次男も立派な家庭持ちになっている。

 現在、その息子のムスコと対面すれば、<いわろう>が、「デカッ!」という番だろう。


★この記事を書くにあたり、昔話の箇所は、三栄書房「男の隠れ家特別編集、時空旅人 Vol.10 大人が読みたい昔話」を参考の上、<いわろう>が加筆、脚色をしました。
 
 昔話の原文に触れたい方は、いま書店にならんでいますヨ。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2012-10-09 21:08 | 違いについての一考察 | Trackback | Comments(0)

オリンピック観戦のもう一つの愉しみ方?(その二)

 昨日のこと、リビングでオリンピックのライブ放送を観ながら、ウトウトしていたら傍らのカミさんが独り言をいっている。

「この人たち!おトイレしたくなったらどうするんだろう?」

<いわろう>が薄目をあけ画面を観れば、トライアスロンの自転車ロードレースを快走する女性たちの集団だ。

「そんなもの競技前にチャンとすませているだろうが・・・」

<いわろう>は、まるで幼い娘に言い聞かせるようにカミさんにいった。

「でも!沿道で応援している人たちの服装をみてごらん・・・」

「・・・」

そういわれれば、ロンドンの夏は結構涼しいような感じだから・・・と<いわろう>もカミさんと同調しかけたとき、カミさんがサラッといった。

「そっか!水泳中にやっちゃうんだ!」

 我が最愛なる奥様は、そんな恐ろしいことをいった。なんと泳ぎながらオシッコしているんだというのだ。さらには「したことない?」と<いわろう>に聞いてくる。「ワタシなんか経験あるもん!」というカミさん。<いわろう>の口は開きっぱなしだ。

 <いわろう>は、最愛なる奥様への百年の恋が音をたてて崩れ行くのを確認した。

 ところでトライアスロンは、水泳・自転車ロードレース・長距離走の三種目を、この順番で連続して行う耐久競技である。

 カミさんの理論だと水泳は、自転車ロードレースの後の方がよりベターだろう?そんなことを話してたら、コーナーリングで転倒する選手が続出している。

「コース整備はどうなってんの?」カミさんはイタクお叱りだ!

「転んだ選手の水着が破れたらどうする?あれ一枚だろう・・・破れたら・・・」って<いわろう>が、男としての素朴な見解を吐露すると、カミさんにグッと睨まれた。

「やっぱり順序を変えるべきだよ!」<いわろう>はその場を取り繕うようにいった。

するとカミさんが、またまたサラッとのたもうた。

「自転車、泳ぎでオシッコ、長距離走ってね」

 そんなカミさんの奇想天外なるコメントを聞きながら、<いわろう>が女性選手のボディラインくっきりな水着姿の揺れ動きに、鼻の下を伸ばし、心ゆくまで堪能していることを、カミさんは気づくまい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2012-08-05 08:01 | 日記 | Trackback | Comments(0)

オリンピック観戦のもう一つの愉しみ方?


「観て!観て!」

 リビングに居るカミさんが、テレビの画面を指さしながら、隣の和室に居る<いわろう>を呼ぶ。何事かとテレビ画面を覗けば、ロンドンオリンピックでの体操選手が、まさに鉄棒にぶら下がろうと、両手をいっぱいに上げているところだった。

「なんだよ?これがどうした?」

 <いわろう>は、ワケがわからず不機嫌そうに、カミさんを見た。

「ほら!この子のワキゲ!・・・」

 カミさんによれば、欧米諸国の選手は、総じてそれを処理しているのに比べ、日本選手のそれは総じて手入れされていないらしい。特に内村航平選手の腋毛は<淫靡>だというのだ。

 これは女性特有の<感じ方>なのだろうか?男の<いわろう>は、何にも思わないのだが・・・。もしかしてカミさんは、特異な性格なのかもしれない。腋毛から陰毛でも想像し、その際にある物体やその先の先の展開までも想像するのだろうか?

 ところで、体操競技は<技の難易度>と<美しさ>で、評価される。

 あの天真爛漫に伸び放題の腋毛の<淫靡さ>は、ヒョッとして<美しさ>のポイントを落としてはいないだろうか?というカミさん。

 そんなカミさんの心配をよそに、内村選手は二個目の<金>を日本にもたらした。

 人それぞれ、ものの見方考え方があることを改めて気づかされた次第だ。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2012-08-02 21:55 | 日記 | Trackback | Comments(0)

カミさんのオメ〇のこと


 


昨夜のことだ。

風呂上がり炬燵で、ウトウトしていたらカミさんに起こされた。

「ちょっと!オメ〇見てくれる?」

風呂上がりで、スッポンポンのカミさんは、濡れた長い髪の毛をバスタオルでふき取りながら、<いわろう>の目の前に、彼女のオメ〇を近づけて検査してくれとせがむのだ。

「エ~ッ?いい加減にしてくれ!」

眠気まなこの<いわろう>は、そんなモノ見たくないって強く拒んだのだが・・・。

「ほら!見てよ!ここ二、三日ちょっと変なのよ!」

カミさんは、親指と人差し指でそっと、オメ〇を開いたり閉じたりしている。

『何が悲しくって、還暦過ぎたオメ〇を見なければならないのだ!それもカミさんのを』

<いわろう>は、狸寝入りをすることに決めたのだが・・・。

「影みたいなのが、あるのよ!覗いてみてよ!」

執拗に懇願するカミさんに負けて、まわりの毛をビチャビチャにしたカミさんのオメ〇を恐る恐る覗いてみた。

「別に変になっていないぞ!綺麗なモンだ!」

<いわろう>は、軽く彼女のオメ〇に息を吹きかけながら、めくって奥の方まで丹念に検査してみたのだが、別段おかしなトコロもないし、ゴミなんかも入っていない。

「でも・・・影が出たり・・・糸くずみたいなのが飛んでるのよ!」

仕方なくネットで、その症状に合致する病名を探してみた。

「それって!コレだよ!」

<いわろう>は、カミさんを呼び寄せて、パソコン画面を指さした。

<飛蚊症の症状>
 視界に糸くずや黒い影、蚊のようなものが見え、視点を変えるにつれ、それが動き回るように感じる。明るい場所で白いものや空を見た場合によく見える。多くの場合加齢により自然発生する。飛蚊症自体は目の機能に問題はないが、網膜剥離の初期症状や糖尿病網膜症の症状として現れることもあるので、眼科の受診が必要。

どうも、カミさんのオメメはこの<飛蚊症>らしい。

そういえば<いわろう>も、たまに小さな黒い星が飛ぶことがある。

アレも<飛蚊症>だったのか。

カミさんよ!お互いに歳取ったもんだ。いろんなトコロにガタがくるわけだ。





本記事投稿にあたり<ウィキペディア>を参考にし、一部引用させていただきました。



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村








by iwaserou | 2012-02-12 23:20 | 日記 | Trackback | Comments(0)

Wさんからの年賀状

「腹が立ってくるのよ!」

 家人は、届いた年賀状の一枚を、眺めながら正月早々ぼやいている。

「ねえ!チョッと!この字、見てよ!」

 家人は、彼女の友人Wさんからの年賀状を〈いわろう〉の鼻先に差し出しながら、続けていった。

「下手とか上手って、いう以前の問題なの…」

 Wさんからの年賀状は確かに、宛名の岩瀬という文字の大きさは極端に違うし、岩瀬労という筋は左右に微妙に捩れている。

「中学の男の子が、左手でふざけて書いた字みたいでしょ!失礼しちゃうワ!」家人の批評はエスカレートして辛辣だ。

「う~ん」〈いわろう〉は、なんだかWさんが可哀相になり、生半可な相槌をうった。

 家人は、そんな〈いわろう〉に敏感に反応してか「でしょ!毎年この字を見ると腹が立ってくるのよ!」とダメ押しする始末。

 今年、我が家に届いた年賀状は100枚たらずだが、ほぼ100バーセント印刷物だ。

 手書きといえば、ひとことふたこと近況を添えてる文字ぐらいだ。そんな中、Wさんの賀状は表も裏も手書きで、希少価値がある。

 聞くところによると、近頃の若者は履歴書も印刷で出して、年輩の人事課担当者を驚かせるらしい。

 本来、手書きでしたためるべき書き物が、印刷に変わってしまった昨今。

 年に一度の年賀状ぐらい手書きにしたいものだが…。

 かくいう〈いわろう〉も今年もパソコンで、チャチャッと印刷して出してしまった。

「Wさんチッ!誰もパソコンと無縁なのよ…」

 そんな家人の独り言を聞きながら〈いわろう〉は思っていた。

『Wさん!来年も手書きの年賀状を家人に下さい。本来こうあるべきなんだから・・・』



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2012-01-03 10:01 | 日記 | Trackback | Comments(0)

「個人情報保護」は、単なる流行語なのか?

 来週の月曜日、友人M君の八十歳近いお母様が退院する。脳梗塞を患っての長年の入院から、自宅治療になるワケだ。「先日も、オムツの交換訓練に行ってきたヨ」とM君の顔色は冴えない。

「要するに、現代医療の限界でこれ以上、手立てがない!」ってことで、病院を追い出されるんだとM君は気弱なっている。「リハビリすれば、きっとよくなるから・・・」いわろうが励ますと・・・

「要介護5の認定がスンナリおりるんだから・・・余命幾ばくもないってことだ。」M君の声が、いわろうの鼓膜を痛める。「それは、考えすぎだ!」いわろうの言葉が、M君に響いて行かないもどかしさに戸惑っていると・・・

 M君がボソリといった。「最近、葬儀社のパンフが届くんだヨ」

「個人情報保護」が流行語のように、叫ばれる昨今だが、これはどういうことだ!

「酷いはなしだ!」いわろうは、そう叫んだ。

 そして、その後M君にかける言葉が、なにひとつ思いつかなかった。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2011-11-09 23:36 | 日記 | Trackback | Comments(0)

自転車泥棒で学なんだこと

 過日、カミさんの自転車が盗まれた。それも真っ昼間のことだ。

 それも自宅の駐車場に停めてあったほんの数十分間にだ。然もそれはオンボロなのにだ。がしかし、オンボロとはいっても、それなりに便利に使っていたので、とてもイタイ。

 それは、長男が学生時代に買い求めたシロモノで、カミさんが譲り受け、もう十余年以上は乗っている勘定になる。

 盗られた明くる日、家族手分けして近くを探しまくったが見つからず。仕方なくホームセンターで新車を注文した。のだが希望の27インチの在庫がたまたまなく、三日待つことになった。

 待つこと二日目の朝、「お宅に岩瀬一郎さんはいらっしゃいますか?」と制服警官の訪問を受けた。「ハア~?息子は仕事に出かけていますが・・・」玄関先で鉢合わせになった<いわろう>は、怪訝そうに警官に応えると「一郎さんの自転車が見つかりました。」ということだった。

 ことの顛末はこういうことだ。

 近所のゴミ捨て場に放置されていたらしく、どこかの奇特な奥様が警察に連絡。防犯登録のシールを頼りに我が家を突き止めたらしい。

「流石にやるジャン!日本警察はスゴイ!」とカミさんは満面の笑み。
「おい!おい!」いわろうは、つい<突っ込み>を入れてしまった。

 それというのも、先日カミさんは自転車での買い物帰り<バンかけ>にあったのだ。
<バンかけ>とは<職質>のことで、警察官が不審な点のある者を呼び止めて質問する。所謂、職務質問にあったのだ。

 その夜、彼女はプリプリとしながら「この自転車は誰のモノか?って初めから私を疑ってかかるんだから・・・失礼しちゃうワ!」って日本警察全体を向こうに回して激怒していたからだ。

「まぁ~!あのときは仕方ないよね~!男用自転車だったから・・・お巡りさんも不審に思ったんだよ・・・」カミさんは、ペロッと舌を出した。

 おお~!恐ろしき!この豹変ぶり!でも世論ってえモンは、こんな頼りなく揺れ動くモノっていうことを改めて学習した次第です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2011-11-06 16:10 | 日記 | Trackback | Comments(0)

個人情報ですからお応えできません!っていう流行語。

「ほら!Mさん!知ってるでしょう?」「Mさんがどうかしたのか?」「Mさんッチに電話したら、珍しくご主人が出たのよ!○○子さんは、いらっしゃいますか?っていたら・・・」

 ご主人に「岩瀬さん?どちらの岩瀬さんですか?ウチのヤツとどういうご関係ですか?」って根ほり葉ほり聞かれたらしい。「失礼しちゃうでしょう?何かの<勧誘>と間違っているんだから・・・」

「個人情報ですからお応えできません!っていつてやればよかったのに・・・」<いわろう>が茶化してそういったら、カミさんに厳しい目で睨まれてしまった。

クワバラ!クワバラ!
2009/6/20

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2009-06-20 23:45 | 人間観察 | Trackback | Comments(0)

ヨソの奥様が魅惑的なワケ

 今朝は、小糠雨だった。日課の愛犬との散歩コースは、いつもとは違ってショートコースを選んだ。月極で借りている駐車場を回って神社の裏手へ出る。そして、少し登り坂のバス通りを登り切って帰宅という二十分ほどの行程だ。

 その月極駐車場で愛犬と二人して見つけた。

 そこに駐車しているMさん宅の赤のボルボの後ろの窓が両側とも全開だった。帰宅するなりカミさんに「Mさんに電話してあげようか?」<いわろう>がそう言い終わらないうちに、カミさんはMさんに電話をしていた。

「大丈夫だった!ありがとう!」暫くしてM夫人からのお礼の電話を<いわろう>がとった。「奥様によろしくお伝え下さい!」「・・・」それは<いわろう>が見つけたんだゼ!と思いながらだったので、どぎまぎした会話になった。

『大丈夫だって何が・・・シートなんかも随分濡れてるだろうが・・・』<いわろう>はそう思っていたので「大丈夫だったから」としきりに繰り返すばかりのM夫人が理解できなかった。「大丈夫って?」<いわろう>はやっとの思いで言った。「いえ!さっきオタクの奥さんから連絡もらって駐車場へ行って来ました。大丈夫だってお伝え下さい」

<いわろう>は、トンチンカンな頭になっていた。

「大丈夫って?窓は閉まっていたんですか?開いていなかったんですか?」
<いわろう>は一瞬<キツネにでも摘まれたのか?>と思いそんな質問をした。
「いえ!開いてはいたんですが・・・大丈夫だったんです。何も盗られたモノがなくて」
 
 <いわろう>は、初めてM夫人のいう<大丈夫>の意味が飲み込めた。

 人それぞれ感覚には<不一致>ってモノがある。そんなことを改めて痛感した朝のひとときだった。
2009/6/8

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2009-06-08 23:30 | 人間観察 | Trackback | Comments(0)

アンタはエライ!

 そうそう・・・昨日の<ペットミルク>のお話しの続きでした。

「ペットも大事な家族だから長生きさせたい!!そんな願いからペットミルクができました」そんなキャッチコピーで始まるパンフ。ペットは人間の飲む牛乳では下痢をしてしまう(?)らしい。その下痢の原因になる<乳糖>を分解させてあるらしい。

 <たいぞう君>と愛犬は、飛んで帰ってカミさんにそのことを伝えると・・・。

「ウチには必要なし!」の宣言めいた言葉と、ともにロクに読まれることもなく、そのパンフは<床の藻くず>と消えた。確かに雑種のわが家の愛犬は丈夫なもんだ。われわれの飲んでる<人間ミルク>を飲んでも、下痢するどころか<元気>モリモリだ。
2009/5/15

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2009-05-15 23:36 | 人間観察 | Trackback | Comments(0)