人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

タグ:思い出 ( 23 ) タグの人気記事

<いわろう>の人生は後悔ばかりで出来ている!


昨晩のこと、8 時は過ぎていただろうか、夕食後、本を読みながら、うとうとしかけたころ、珍しくイエデンが鳴った。カミさんはお風呂のようで、<いわろう>が取った。それは、神戸にいる兄嫁からだった。「岩瀬です!っていっても・・・お宅も岩瀬さんだね~~」という軽くオドケタ兄嫁の声を聴きながら、不吉な予感が背筋を這った。


兄貴でなく、いきなり嫁さんが電話してくるということは・・・。

その予感が的中した。


「ウチの人、先月の20日に肺がんで亡くなったんです」という、兄嫁の冷静な口調は、それを聞く<いわろう>の冷静さで、増幅したかのように、どこかの老人がなくなったんだという、随分と冷めた話しっぷりだった。兄とは、この春「これが最後だね~」と電話で、きっぱり惜別したことを、兄嫁は承知していたからだろう。


<いわろう>は、姉三人兄一人の五人兄弟の末子である。たった一人の兄なのだが・・・。二人の間には、いろいろと確執がありすぎて、古希になっても、「水に流して兄弟五人で一度集まろう!」という兄の誘いを、この春に強く拒否してしまっていたのだ。


他人からみると、冷血な男の様に思われるだろうが、<いわろう>は、少なくともあの時は後悔していなかった。「こちらから、東京まで行くから、兄弟全員で飯でも食おうよ!」という兄貴の声が蘇ってくるが、了見の狭い<いわろう>は、薄情だと自覚しつつ、後悔はしていないつもりだった。


病院を出たり入ったりしている実母を、看病する実父の苦労を見かねて、同居を拒む兄に代わって、同居したときの苦労を思えば、身勝手な兄を許すことはできないし、親の遺産相続で裁判にまで拗れさせた兄の優柔不断さを、許すことができなかったのも事実なのだ。


それにしても、今年の7月にガンが見つかり、たった三ヵ月で亡くなってしまったとは・・・。人の命の儚さを憂うばかりだ。


「電話するか?どうしょうか?迷っていたけど・・・遺品を整理していたら・・・あなたの住所と電話番号を書いたメモが、引き出しから出てきたの・・・たった一人の弟との仲直りを、最期まで願っていたようで・・・思い切って電話したの」という兄嫁の話を聞きながら、複雑に揺れ動く心のざわめきを抱きながら電話を切った。


まる一日たった今、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を聞きながら、<いわろう>は、とんでもない過ちを犯していたのではないだろうかとも思っている。




70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村





by iwaserou | 2018-11-17 21:26 | 日記 | Trackback | Comments(0)

お帰りなさい!鈴木奈穂子さん!

NHKの午後7時のニュース担当の女子アナ・鈴木奈穂子さんが、今夜やっと!戻って来た!お帰りなさい!長い間のお休みにとても心配していました。


<いわろう>は、大ファンのひとりで、以前夏期休暇で姿を消したときも、NHKへ「鈴木奈穂子さんはどうした!」と、メールで問い合わせたら、「夏期休暇をいただいております。今しばらくお待ちください!」と即座に返答が返ってきて、安心したこともあった。


カミさんは、不思議がるやら!あきれるやら!自分の娘より若い子を、好きだなんて・・・。でも、こればっかりは、どうしょうもない!好きだから好きなんだ!訳などない!


鈴木奈穂子さんの顔を観ながらの今夜の夕飯の美味しかったこと!

ヨッシャ!明日もがんばろう!と思わせる笑顔をありがとう!






70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村








by iwaserou | 2018-11-05 21:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)

セックスを「楽しむ」と「愉しむ」の違いについての一考察

久しぶりに友人T君と飲むことになった。T君は大学の二年後輩である。<いわろう>が、サラリーマン時代、営業で一緒に頑張った仲間だが、独立した<いわろう>と違って、ノルマの厳しい超優良企業ひとすじで、しっかり定年まで勤めあげた根性のある男だ。


「あのころ、定年退職まで働くとは、思わなかったですけど~」T君はグラス片手に、遠くを眺めてしんみりと言った。「オレ!こんな会社なんか!明日から来ないから・・・ってお互いに言い合っていたのが昨日のようだよ!」<いわろう>も、遠くを見つめて感慨に耽っていた。


そういえば、当時のT君の口ぐせを思い出した。「仕事とセックスは、家庭には持ち込まない!って、いつも言ってたよナァ~」「そうそう!有言実行してましたよ!」T君は酔いが程よくまわったのか、いつもの雄弁さに拍車がかかったようだ。


「あの人とは、今でも?」「そうですね~あれから、もう15年になります!」T君は既婚者なのに、20歳近く年下のよその奥さんと、いまでも付きあっているようで、いわゆるダブル不倫である。老いてもますますお盛んなことだ。


当時、T君から「楽しむ」と「愉しむ」の違いについての蘊蓄を聞かされたのを思い出した。


「カミさんとのセックスは<楽しむ>んだけど、不倫相手とのセックスは<愉しむ>のです!」


つまり「楽しむ」は与えられたことに対して楽しく過ごすことで、すでに設定された枠内で楽しむこと。どちらかというと「受動的」であるとか。


その一方、不倫相手とのセックスは愉しむのだそうだ。「愉」には、「心」を表す「りっしんべん」があるように、心から楽しむことで、積極的に自ら働きかける「能動的」であるとか。


<いわろう>は、彼のあの蘊蓄を機会に「楽しむ」と「愉しむ」の違いを、しっかりと学んだことを思い出していた。


「ところで、いまもセックスを愉しんでいるのかい?」との<いわろう>の問いに、T君は、もちろんですと右手の親指をピンと立ててウインクを返していた。多分、20年ほど前から「楽しむ」方は皆無なのだろう。「仕事とセックスは、家庭に持ち込まない!」を、いまでも実践しているようだった。



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村








by iwaserou | 2018-09-08 22:24 | 違いについての一考察 | Trackback | Comments(0)

もう~古希のくせに、エロ気だけは残っているようだ

先日、都内に用事があって、朝から出かけた。ついでに、ということで数ヵ所の用事をまとめて済ませようとした結果、夕方近くには疲労が隠せなかったようだ。乗り継いで乗った東京メトロは、相変わらず混んでいて、立ったまま無意識に扉に寄っかかっていた。


「よろしかったら、こちらにお掛けになりません?」四十路前後の美しいご婦人が、私に近づきながら誘ってくれる。「・・・」私はまったく予期していなかった場面展開に戸惑うばかりだ。『随分!積極的だ!さすがに都会だ!ご婦人から声をかけ誘惑してくる・・・』


一瞬、私は背筋を伸ばし姿勢を正したのだが・・・。


やがて、少し冷静を取り戻してみれば、「優先席へどうぞ!」との誘いだと気づいた。自分では「優先席」なんて、まだまだ無縁だと思っていたのだが、世間様から観れば立派な「老人」だったのだ。私は心の中の不必要な葛藤を抑え込みながら、「いえ!次の駅でおりますから・・・」とやっとの思いで返答した。


『いえ!先に急ぐ用事がありますので・・・』『約束した人を待たせておりますので・・・』

『今日は都合が悪いので、また後日にでもゆっくりと・・・』などなど、相手に失礼のない「断り文句」を、必死で考えていた厚顔無恥な自分を押し殺して、逃げるように用事もない次の駅で降りてしまった。


後続のメトロを待ちながら、「優先席」を譲ろうとしたご婦人には、悪いことをしたな~~と思った、このエロ爺をお許しください!



70歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村
by iwaserou | 2018-08-30 21:09 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ぼくの庭にバラが咲いた!

 二年前、グッドウィルドーム(現在は西武ドーム)で開催された<国際バラとガーデニングショウ>で、予約購入した苗が、二年越しでやっと咲きました。バンザ~イ!

b0074359_2052682.jpg

                   <バロン ジロー ドゥ ラン>


バラの写真集(岩瀬労に言わせろう!バックナンバー)
2007年 05月 21日・国際バラとガーデニングショウ  
2007年 05月 31日・京成バラ園
2008年 05月 24日・佐倉の草ぶえの丘・ばら園

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2009-04-24 20:59 | Trackback | Comments(0)

500頁目をここに記す

 いつもいつも、ご愛読くださいまして、ありがとうございます。

 今年の桜が咲いたら、丸々三年になります。このブログ<岩瀬労に言わせろう!>を書き始めて、三度目の春が訪れようとしています。気軽に書き始めてはみたものの、たちまち<ネタ>に苦しみ、何度も閉じてしまおうと思ったことか・・・。

 でも、500頁まで続けてきてよかった!

 最近では、自分のブログをアットランダムに読み返すことが多くなっています。ところが読み始めても、何を書いたのか忘れてしまっているのです。しかし、読み進めれば当時の想い出が鮮明に蘇ってきます。

 とても懐かしく、心地の良いひとときを手にできるのです。

<岩瀬労に言わせろう!>の一番の愛読者は、この<いわろう>自身かもしれません。

 最後になりましたが、ここまで書き続けてこられたのは、お読みいただける皆様のお陰だと、心から感謝致しております。さらに1000頁を めざして書き続けるつもりです。
 
 今後とも、ご指導の程ヨロシクお願い申し上げます。
2009/2/23

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2009-02-23 23:06 | Trackback | Comments(0)

喜んでお見積もりさせていただきます!

 もう二年ほど前になるだろうか?

 <いわろう>がコンビニの駐車場に営業車を停め、その中で昼寝をしていたら、「ゴツン!」と左の後輪の方から音がした。起きあがりながら振り向くと、斜めに停めた車から二十歳そこそこの若い女の子が出てきて「当てちゃったんです」というのだ。免許取立で、ハンドルの切り返しが出来ず<いわろう>の車にこすったらしい。

 明くる日、その父親が電話してきて開口一番「○○円でお願いする!」というのだ。兎にも角にも<保険は使いたくない>らしくて、「OKなら今からすぐに指定銀行に振り込む」との言葉に<吝嗇家>で名高い<いわろう>は見事に<二つ返事>だった。

「そうですか!保険屋を通すと何かと厄介ですから・・・」取り敢えず恰好をつけ<OK!>を出して、現金を受け取りながらも<そのこすり傷>はもちろん修理しなかった。

<高級外車を使い、親類ぐるみで“当たり屋”行為で保険金をだまし取ろうとしたとして、埼玉県警は19日、同県秩父市の無職男(35)と妻(35)ら男女数人を詐欺未遂容疑で逮捕する。

 グループによる保険金請求は2005年末以降で約20件あり、県警は数千万円をだまし取った疑いがあるとみている。

 捜査関係者によると、夫婦らは08年3月、県西部の片側1車線の道路に乗用車を駐車。その車を避けようと対向車線にはみ出た車に、高級外車のベンツで正面から接触事故を起こし、車両修理代など約200万円を保険会社からだまし取ろうとした疑い。

 請求された修理代が異常に高いことを不審に思った保険会社が警察に連絡し、犯行が発覚。05年12月以降、埼玉、群馬県内などで同様の事故を20回ほど起こし、修理代や休業補償金の名目で多額の保険金を受け取っていたとみられる。

 男らは親類同士で、ベンツの運転手役と同乗者役、路上駐車役など役割を分担。運転手役はベンツで待機し、被害車両が近づくと急発進して衝突させていたが、自分がけがをしないよう接触程度にとどめていた。路上駐車役は警察官が到着する前に立ち去っていた。

 自動車保険に詳しい弁護士によると、センターラインがある道路で車が正面衝突した場合、対向車線にはみ出した車に全過失があると認定されることが多いという。

 県警幹部によると、駐車車両を用意した“当たり屋”は珍しく、県警は男らがこうした過失認定の手続きに目を付け、保険金の詐取を繰り返していたとみている。(2009年2月19日15時03分 読売新聞)ヨミウリオンラインより転載>
「この記事は、読売新聞社の許諾を得て転載しています」
読売新聞社の著作物について

 <いわろう>の友人に、高級外車専門の修理屋がいる。

 そういえば、かつて彼から聞いたことがある。「ベンツなんかでも、エンジンやミッションなどの故障修理は確かに高額だが、バンパーの交換などの外装修理なら、別に国産車とそんなに変らない」らしい。 さらに、彼は少し間をおいて、正直な話をしていた。

「・・・でも、保険を使うとなったなら、そこそこの金額にはなるけどね・・・」
2009/2/19

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2009-02-19 21:33 | ニュース報道関連 | Trackback | Comments(0)

61歳でのハズカシイ初体験の一部始終!

「朝からなの?」

 渋る<いわろう>をねじ伏せるような悪友の薦めもあって、比較的予約のとれやすい<朝一>を予約しておいた。その日が今日だったのだ。
「こちらへどうぞ」しっとりとした三十歳前後で、どちらかというと<美形>の女性に案内されて<いわろう>の心臓は音をたてて脈動し始めた。

「初めてなんですか?」

 その女性に<いわろう>の興奮状態を察知されたようだ。「・・・」無言の<いわろう>に女性は優しく促した。「ここで全部脱いでください!」想像していたよりもその部屋があまりにも明るかったので「ここで?」ついそんな言葉が出た。「お脱ぎになったら、明かりを少し絞りますから・・・」お相手の美形女性は軽く会釈しながら「そこのベッドに壁側を向いて横になってください」言われるままに、左側を下にして少し固めの枕に頭を預けた。

「両手にはめますから!」美形女性は、荒々しい口調に変化して<いわろう>の両手の自由を奪う金具を装着した。豆電球ひとつぐらいの明かりでは<手錠>なのか、なんなのかよく判別できなかったのだが、自由を奪われれる快感の方が優っていた。

「失礼します!」

 お相手美形は、そう言ったかと思うと<いわろう>の腰あたりから、女性の右腰をベッドに乗せて密着してきた。『いよいよだよ!初体験だよ!』<いわろう>の興奮状態は、恥ずかしながら股間の物体の変化として現れた。最近経験したこともないほどの<体積>と<硬度>が、そこにはあった。

 その美形女性がつける薄手のたった一枚の衣類。そこから伝わってくる女性の肌のぬくもりを味わっているのも束の間。「ゼリーをたっぷりつけたので、ひゃ~とするから・・・」覆い被さってくる美形女性にそう言われたと同時に闇の中から棒状の物体が出現。

<いわろう>の左の乳房を集中的に愛撫し始めた。

「はい!息を吸って!ゆっくり吐いて!そこで止めてます!」お相手の美形女性のそんな号令に従いながら、およそ三十分間、左の乳房あたりばかりを愛撫されていた。

 61歳にして、不整脈で引っ掛かり精密検査としての<心エコー>なんか<初体験>だった。あまりの長時間に及ぶ<女性の愛撫>が眠っていた<別の何かを>起こしたようだ。

「心臓はビンビン!逆流もなく正常でしたよ!」医者のその後の診断結果は嬉しいことは嬉しいのだが、起こされた<別の何か>の処理はどうすればいいのでしよう?先生!

 やはり!別のところでアチラの予約もしておいた方がいいのでしょうか?センセイ!
90120

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←クリック(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上の生き方へ←クリック(^o^)よろしくネ!

人気blogランキングへ←クリック(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2009-01-20 23:22 | 人間観察 | Trackback | Comments(0)

あんたはエライ!感謝!感謝!

<いわろう>のインターネット歴は、かれこれ八年余りになる。
その<師匠>は、わが長男である。当時、ブラインドタッチでキーを操作する長男の指の動きに魅せられ<門を叩いた!>のだ。

 それ以来、数多の教えを受けいるのだが、初めの頃習ったことで、いまだに耳に残って実行していることがある。

「メールで添付ファイルを送信するときは、相手先の許可を得ること!」
「知らない相手からの添付ファイルは絶対に開かないこと」
と何度も何度も教えられたからだろう。

<「あけましておめでとう」メールにご注意--。若者を中心に年賀メールのやりとりが増える中、コンピューターウイルスの被害に遭わないよう、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が、年賀メールの添付ファイルの取り扱いについて注意を呼び掛けている。

 IPAによると、ウイルスの中には、感染したパソコンが保存しているアドレス帳のアドレスを差出人や送信先にして、勝手にウイルスメールを送信するものがある。こうした場合、差出人のアドレスを詐称し、友人からの年賀メールを装ったウイルスメールが届くことになる。

 また、添付ファイルがウイルスだと気付かれないように、普通の画像ファイルや文書ファイルなどに見せかけるウイルスも確認されている。こうしたメールの添付ファイルをうっかり開くと、ウイルスに感染する。IPAは「添付ファイルの見た目に惑わされないことが大事」としている。

 基本的な対策は、アンチウイルスソフトやOS(基本ソフト)、ワープロソフトなどの使用ソフトを常に最新の状態に更新しておくこと。そのうえで、メールの添付ファイルには十分注意を払う必要がある。(毎日jp より転載)>

 また習い始めの頃「アンチウイルスソフトなんかインストールしないで大丈夫だろう!」って<軽く>言った<いわろう>に「インストールしないのなら勝手にしろ!」って切れかけられて大慌てしたこともあった。

 息子よ!あんたはエライ!

 君の<導き>は本物だったようだ。これからも、変わらずよろしくお願いします。
2008/12/29

人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)
↑現在97位

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
↑現在42位

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
↑現在2位
by iwaserou | 2008-12-30 00:06 | 新聞・雑誌ネタ | Trackback | Comments(2)

そういえば今宵はクリスマスイブ!


「とうとう死んじゃったのよ!」

 事務所の椅子に小さな毛布を掛けられて、まるで眠っているように横になっている黒毛の豆柴クー。その姿を眺めていた<いわろう>に、低くて小さな声で社長夫人はポッリといった。

 それは、年末の挨拶に訪問した客先で遭遇したとても悲しいヒトコマだ。

 そこの社長さんが可愛がっていた黒毛の豆柴犬が昨日眠るように息を引き取ったらしい。その豆柴クーは痴呆症(?)になって、もうかれこれ一年くらい経っていた。十八年間、社長は、毎晩同じ布団で寝ていたと聞く。「社長さんはガッカリされているでしょう?」<いわろう>は、冷たくなった豆柴の頭をさすりながら、言葉が途切れた。

「でもいいんだ!オレには、岩瀬さんが創ってくれた陶器のクーがいるから・・・」
外出中で留守だった社長が、昨日亡骸を見つめながらひとりごちていたと奥様から聞かされた。<いわろう>の緩い涙腺は、汗のような涙のような液体が滲んできて、返す言葉をなくしていた。

 そういわれれば、数年前のこと。陶芸を始めた頃に、客先で飼われている愛犬を、陶器で創ってあげた時期があった。ゴールデンレトリーバー、チワワ、柴犬・・・・。その時差し上げた<陶器のクー>を、いまでも大切に飾ってくれていたらしい。

 人間の年齢でいえば、九十歳近くになると聞く。天寿を全うしたということだろうが、社長の哀しみは想像をはるかに越えているだろう・・・。そんな哀しみを少しでも<いわろう>が創った<陶器のクー>が、埋められるのだとしたら・・・。大変光栄なことだ。

 いつも訪れたとき必ず尻尾を振って出迎えてくれていたクーちゃん!

 ありがとう!お疲れ様でした!

 きっと天国に召されてゆくのでしょう。願わくば<いわろう>のあの<陶器のクー>に魂だけはいつまでも宿し、社長をいやしてあげて欲しい。

 そういえば、今宵はクリスマスイブ。生まれいずる命はいつかは必ず儚くも消える。一日、いっときの大切さを改めて知らされた、クーちゃんの亡骸との悲しい遭遇だった。
2008/12/24

人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)
↑現在95位

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
↑現在43位

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
↑現在1位
by iwaserou | 2008-12-24 23:45 | 人間観察 | Trackback | Comments(0)