人気ブログランキング |

岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

タグ:思い出 ( 23 ) タグの人気記事

背伸びしないで!

 今日午後から、某機械メーカーの展示会にお客さんと同行し、今度販売予定の機械の仕様の再確認をしてきた。夕刻、そのお客さんと別れた後、バッタリとSさんに出会った。「ヤァ~しばらく!」Sさんとは過去にシニア向け某芸能スクールで、一緒にレッスンを受けた同期の桜だ。「岩瀬さん!その後は活動されていないのですか?」そんなSさんの質問に、少し冷めかけていた<舞台俳優>への<想いが再熱>してくるのを覚えた。

 Sさんは、当時一緒にレッスンを受けていたKさんの<舞台>を観た帰りだと言うのだ。演目は聞きもらしたのだが、シニア達がオーディションを受ける模様を演じていたらしい。「自己アピールとは、自分のことばかり話すのではなく、聞き手を楽しませて、聞き手と<いい関係>を築かなければイケナイのだ!って言うのが、その舞台のテーマだったような気がしたんだが・・・」別れ際、Sさんはそんなことを話してくれた。

 <大手企業の幹部を装った男が、就職活動中の女子学生に「面接の質問を教える」などともちかけ、現金をだまし取る事件が東京都内で相次いでいることがわかった。同じ男が繰り返しているとみられる。警視庁は、学生の心理につけ込んだ悪質な事件とみて詐欺容疑で捜査している。

 大崎署の調べでは、6月初旬、新宿区内の百貨店で、男が女子大学生(24)に声をかけてきた。男は大手電機メーカーの「広報部本部長」を名乗り、「入社試験を受けられるようにする」などともちかけた。喫茶店で相談にのり、アドバイスをしたあと、「財布と自宅の鍵を預けた秘書が出張してしまい、金がない」などと言って女子学生に現金1万円を出させたという。

 翌日、女子学生がこの電機メーカーに問い合わせたところ、肩書も名前もうそと分かった。 このメーカーによると、4月以降、同様の手口で被害に遭ったとの女子学生からの連絡がほかに2件寄せられ、同社が大崎署に届けた。被害額は数万円ずつ。男の顔つきや名乗った名前が一致しており、被害者はいずれもリクルートスーツ姿だったという。(2007/6/23/アサヒドットコム引用)>

 誰しも他人から少しでも良く見られたいものである。まして、将来が決まる希望する<就職先の面接>には、ボロは絶対に出したくない。ひとつでも、その<質問>が事前に分かっておれば、どんなに気が楽だろう・・・。しかし、こんな幼稚な<詐欺>に引っ掛かる程度の低い<社会性>なら、どの会社からも<採用通知>はいただけないかも知れない。

 <自己>とは<自己>以上でも以下でもないのだ。例え事前に<質問内容>が分かっていたとしても、事前に<練り上げた返答>では、面接官の<こころ>には届いていかないだろう。<自己アピール>とは、流暢に自己の事ばかり披露しても駄目なのである。これから一緒に働ける<人材>なのかどうかを<見極める>面接官の目はけっして<節穴>ではないのだから。
2007/6/23



人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←コチラも(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-06-23 21:12 | Trackback | Comments(1)

見つかりませんでした!

 今日は<有給休暇>をいただいて、大腸ポリープの内視鏡検査に行ってきた。三年余りぶりの三度目の検査である。平成14年4月の初回で<ポリープ三個>も見つかり即切除した経験がある。そのとき「<ガン化>一歩手前だった!」とか「あと半年遅かったら、割腹手術になっただろう・・」など主治医から聞かされ、胸をなで下ろしたのだ。

 「ポリープの出来やすい体質・・」当時そんなことも聞かされたので<毎年検査>を決め、明くる年もやったのだが残念ながら<新発見>はなかった(笑)。だから「次は、二年後に来てください。」主治医のそんな言葉に従うことにしていた。だが気づけば今年の9月で、二回目からまる四年も経ってしまう。そんなことに気づいたのはきっと<何かの虫の知らせ!>と思い、あわてて先月予約を入れ今日行って来たのだ。

 ところで検査の前には<大きな試練>があるのだ。検査に向けて<腸内を清掃するための下剤>2リットルを二時間かけて飲むのだが、<いわろう>はこれが<大の苦手>だ。それは塩水(?)で溶かしたグレープフルーツの絞り汁みたいな実に喉ごしも後味も悪い代物なのだ。ついつい検査から遠のく理由のひとつにこの<洗浄液の服用>がある。だが泣いても笑っても、こいつを飲み干さなければ、始まらないのだ。

 ところで試練二時間!だが検査は十分!で終了したのだ。

 「岩瀬さん!大丈夫!綺麗なモノです!」検査後、主治医の口からそんな言葉が軽やかに、かつ晴れやかに、かつ滑らかに発せられたのだ。<いわろう>は思わず主治医のその頬に<接吻>したいほど晴れ晴れとした心地にはなった。でも男性主治医に<接吻>では絵にならないので、傍にいる<若い女性看護師さんたち>に抱きつき<キス>したい衝動に転化させたのだ。でもその横にいた<年輩のご婦人看護師さん>には、転化させななかったのだ。

 そのとき思った。<意識朦朧>としていたはずなのに<実に正しい選択>が出来ている!そんなこんな状況より判断して、検査のために施された麻酔注射がすっかり抜けているのを確認し、帰路に向けて車に乗った。車に揺られながら<見つかりませんでした!>とは何といい響きの<言葉>だろうと思い。また二年後も<見つかりませんでした!>と聞きたいモノだと思っていた。
2007/6/19


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ>←コチラも(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-06-19 23:41 | Trackback | Comments(0)

ホ~ホケキョ~!

 この頃の朝の愛犬との散歩は、近くに広がる<野鳥公園>がメインコースになっている。「ホ~ホケキョ~!」この時期でもたまには鶯の鳴き声に出くわすのである。ところで<鶯の色>はご存じだろうか?世間一般に<鶯色>とは、深い緑色をそう呼んでいるが、実際の鶯は<鶯色>をしていないのである。鶯は茶褐色なのだ。

  どうして鶯は<鶯色>と思われたのかと言うと、実は<メジロ>を<鶯>と見間違って認識されてしまったのだそうだ。 そもそも鶯は用心深く滅多に人目に触れない。一方<メジロ>は警戒心も甘く、人前でも平気にやって来ては、庭先に用意したエサをついばんでいる程だ。「ホ~ホケキョ~!」と鳴き声につられて、見ればそこには<メジロ>がいたから<鶯>と思いこんでしまったのだろう。

 <思いこみ>と言えば先日こんな出来事があった。

 仕事を終えて最寄りのバス停から家路に急いでいると、向かい側から微笑みながら若い女性が<シャム猫>を抱いてやって来るではないか。<いわろう>はあたりを見渡したのだが他に誰もいない。さては<いわろう>も捨てたモノでもない。還暦前に<もう一花咲かそう>かと鼻の下を少し伸ばしていたら。

  「暫く!お久しぶりです!」ってその二十歳そこそこの女性が<いわろう>に言い寄って来るではないか。<何て!最近のご婦人は大胆なんだろう>・・・<このままズルズルとイケナイ関係にでもなってしまうのでは・・・>「・・・」返答に困っている<いわろう>にお構いなく、その女性はこう続けたのである。

  「○○です!そこの」<いわろう>の膨らんだ淡い<老いらくの恋愛物語>は、いとも簡単に<悲恋物語>に終わったのである。その女性を穴があくほど眺めると、確かに○○さんの奥様にそっくりではないか。小学生か中学生の頃以来の再会のために<別人>だと見間違ってしまったのだ。そして「そう言えば!お母様にそっくりですネ!」って<いわろう>は、どぎまぎ感を押さえながら辛うじて応えたのである。

  すると「・・・」その女性は無言で少し表情が曇ったような気がしたので「お母さんに似ているって・・・言われれば嫌なもんですよネ!」って<いわろう>は軽くフォローしたつもりだった。「・・・」その女性の表情はもっと曇り、「そんなことはありません!」と憮然たる面持ちで応えたのである。

  <しまった!>自分が父親に似ていると言われて<心持ちがあまりよろしくなかった>ので、誰もみんなそうであると思っていたので、つい言ってしまったのである。大きな<思いこみ>だったのだ。誠に失礼な事を言ってしまったのである。
 鶯は<鶯色>でなく<茶褐色>であり、<親に似ている>と言われたら<嬉しく>思う娘さんだっているのである。<思いこみ>は甚だ厄介な事も巻き起こすもののようだ。
2007/6/5


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ>←コチラも(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-06-05 23:52 | Trackback | Comments(0)

京成バラ園へ行ってきました!

 この間の日曜日(27日)京成バラ園へカミさんと行ってきました。二週連続のバラ三昧に、すっかりバラの虜になり、バラを育てたいと思い始めております。バラに囲まれていると、こころがウキウキとしてくるようで、何だか嬉しくなってきます。<いわろう>のDNAとのハーモニーが、合うようです。
b0074359_2154245.jpg
b0074359_21544285.jpg
b0074359_21545479.jpg
b0074359_2155073.jpg
b0074359_2155925.jpg
b0074359_2155186.jpg
b0074359_21552919.jpg
b0074359_21553745.jpg
b0074359_21554886.jpg
b0074359_21555785.jpg
b0074359_2156662.jpg
b0074359_21561523.jpg
b0074359_21562485.jpg
b0074359_21563523.jpg
b0074359_21564770.jpg
b0074359_21565647.jpg

2007/5/27/京成バラ園にて
カメラ:オリンパス・デジタルカメラ・C-3030ZOOM


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-05-31 22:05 | Trackback | Comments(0)

パンドラの箱

 「ロックを解きなさい!」「・・・」「見られたらマズイものでもあるの?」もう随分昔の話になるが、深夜帰宅した<いわろう>は、カミさんに噛みつくように言われた事があった。携帯電話のメールを見られたくないのでロックしていたのを激しく攻め立てられたのだ。<いわろう>としては、別に見せてもいいとは思うのだが、変に誤解されたくもないので、ロックしていたのだが・・・。

激しい追求についには<ロック解除>をせねばならなくなってしまったのだ。「ほら!何もないだろう・・」<いわろう>は器用に親指で消去しながら、何もないことをカミさんに説明して<難?>を逃れた。当時カミさんは、自分の携帯電話の操作も覚束ない状態だったので<大事?>に至らなかったのだ。

 <妻の首を絞めて殺そうとしたとして、警視庁は7日、東京都町田市森野2丁目、健康食品会社員川上仁志容疑者(34)を殺人未遂の疑いで緊急逮捕した。妻が死亡したため、同庁は殺人容疑に切り替えて調べる。川上容疑者は調べに対し、「自分が携帯電話に保存していたわいせつな画像をめぐってけんかになり、殺してやろうと思った。妻の暴力などにも悩んでいた。申し訳ないという気持ちはない」と供述しているという。

 町田署の調べでは、川上容疑者は6日午後10時ごろ、自宅マンションの一室で妻の和子さん(28)に馬乗りになり、首を両手で絞めて殺そうとした疑い。 川上容疑者から妻の首を絞めたと知らされた友人の通報を受け、町田署員が現場にいた同容疑者を緊急逮捕した。 (2007/5/7 アサヒドットコム全文引用)>

 禍いをもたらすために触れてはいけない<パンドラの箱>を<妻>は開けてしまったのだ。<夫>としては、日頃から<妻>に対する<殺意>があったようだが、携帯を見られたことが<きっかけ>になったみたいだ。夫婦と言えども<プライバシィー>は尊重せねばならないだろう。仮に<妻>が盗み見たとしても<知らんぷり>しておけばよかったモノを・・・。

ギリシャ神話によれば、パンドラの箱から様々な災い(疫病、悲嘆、欠乏、犯罪などなど)が飛び出し、パンドラは慌ててその箱を閉めるが、既に一つを除いて全て飛び去った後であった。最後に残ったものは未来を全て分かってしまう災いであり、人類は希望だけは失わずにすんだと言われる。こうして、以後人類は様々な災厄に見舞われながらも希望だけは失わず(あるいは絶望することなく)生きていくことになったということだ。

 「殺してやる!」と言葉では叫びたい程、憎しみを抱くことがあるとしても、殺してしまったら全て終わりなのだ。<パンドラの箱>の底にたったひとつだけ残っていた<未来への希望>まで<夫>は逃がしてしまったようだ。現代版<パンドラの箱>は痛ましい絶望だけの<悲劇>に終わってしまった。

 ところで、<いわろう>がカミさんに見られずに消去したメールにはハートマークなどひとつも飛んではいなかったし、わいせつな画像もなかったことは付け加えておかなければならないだろう。そして<パンドラの箱>は開けない方がいいようだ。
(執筆にあたり<フリー百科事典ウィキペディア>を参考にさせていただきました)
2007/5/7

人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-05-07 23:14 | Trackback | Comments(0)

お住まいはどちら?

「御免下さい!」「すみません!」かつては、店番の姿が見えないとき、店の奥の方へ大声で、そう言っては欲しいモノを店主と問答の上、買い求めていたものだ。昨今はどうだろう。コンビニなどではアルバイト店員のマニュアルに添った味気ない紋切り型の過剰気味対応で、客としては<ひと事>も語らず、流れるように買い物ができてしまう。人間関係が煩わしい人に取っては好都合だけれど、ますます<個の世界>が蔓延するのは社会問題だ。

 <2、3年前から暮らしている、仕事が忙しすぎて帰宅できない――。インターネットカフェや漫画喫茶に寝泊まりする「ネットカフェ難民」の実態を知ろうと、各地の労働組合や民間団体が全国規模で聞き取り調査をし、27日に結果を公表した。調査した34店舗の4分の3に長期滞在者がいて、「難民」の広がりと深刻な実態が浮き彫りになった。

 ・・・(略)利用者からは「2年間ネットカフェ。深夜のアルバイトをしているが、仕事が不安定でアパートを借りようと思えない。夕方から働き、朝6時にネットカフェに帰る」(東京都・20代男性)、「家がない。正社員になれず、職を転々として当座のお金を稼いでいる」(愛知県・40代男性)、「3年前から夫の暴力を苦にネットカフェ暮らし。パートなどで月収9万円」(東京都・30代女性)などの声があった。 「飲食店の正社員。家に帰ると寝る時間がなくなるので週6日はネットカフェに泊まり、日曜日だけ家に帰る」(東京都・20代男性)など、厳しい長時間労働が背景にある事例も複数あった。

 調査をまとめた首都圏青年ユニオンは「若者の貧困が予想以上に広がっており、仕事と生活の困難さの縮図になっている」と、行政や政治による対応を訴えた。 厚生労働省も「ネットカフェ難民」に注目し、今年度中に働き方などの実態調査をする。今後の若年雇用対策につなげるため、ネットカフェで暮らす若者から直接話を聞くことも検討している。(2007/4/28アサヒドットコム抜粋引用)>

 一時間の利用代が二、三百円のネットカフェが、<朝までパック>など一泊千五百円で泊まれると聞く。格安さといい気軽さといい利用者個人に取っては好都合かも知れないが<住所不定>ではないか!人材派遣会社が繁盛する陰で、難民が増殖するこんな<我が国>は、本当に<美しい国>になれるのだろうか?安倍さん!雇用対策が急務です!
2007/5/6


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-05-06 22:20 | Trackback | Comments(0)

黒滝の紅葉狩りへ

 東京大学千葉演習林敷地内の立入りは許可制になっているらしい。が、紅葉のシーズンを迎えるにあたり、今年も猪ノ川渓谷の一部が一般に公開された。猪ノ川渓谷と素晴らしい紅葉を一日楽しんできた。

b0074359_2150826.jpg

国道465号の長崎十字路から入り込んだ車を
<長崎キャンプ場>の駐車場に止め、ひたすら歩く・・・
b0074359_2203279.jpg

b0074359_2213825.jpg

b0074359_222764.jpg

亀山湖にかかる折木沢橋をわたり四十分
ほど歩くと加勢林道入り口で案内図をいただく
b0074359_2252594.jpg

トンネルを出ればめざす
黒滝だ!
b0074359_2264949.jpg


天候は少し優れなかったけれども、森林浴の一日だった。
2006/11/26

人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2006-11-26 22:07 | Trackback | Comments(0)

映画に出ました

 「イヤよイヤよも好きのうち」なんてのは男の思い込みだとグランマから教え込まれていた志郎だが・・・「何で一人にするの!何で置いて帰るの!!」と乃里子から問い詰められた時、志郎は初めて自分の気持ちを口にした。「俺は君が好きだよ」優しくもう一度言ってから、乃里子を抱きしめた。志郎の優しさに素直にもたれかかる乃里子。「たったひとりにだけ、イヤとイイは同じ意味になるんだよ」お互いの想いがやっと通じ合うのを確かめた志郎は、それが初めて「本当の恋」だと知った。

 現在、東宝系映画館で絶賛上映中の『シュガー&スパイス ~風味絶佳~』のワンシーンだ。先日、会社のMちゅんとレートショーで仕事帰りに観てきた。「岩瀬さん!これって若者の映画じゃないんですか?」ってMちゃんは初め怪訝そうに聞いてきた。その通りだろう、17,8の若者が<甘く酸っぱい恋愛>を夢見て、いつかは僕だってと胸ときめかせるには、恰好な映画なのだ。

 わざわざ<いわろう>が観たかったのには訳がある。実はこの映画に不肖<いわろう>が参加しているのだ。勿論、出演者としてだ。そんな話をMちゃんにすると、二つ返事で乗ってきた。ところが、出演者と言っても<トラ>だ。

 <トラ?>とは業界の言葉で、エキストラのこと。今年の二月某日某所で、ほぼ一日かけて撮影に参加させていただいた。ところが、実際の映画を観て、愕然とした。その日に撮影しただろう映像は、たったの数秒であり、俳優<いわろう>の出番は、ほんの一瞬であった。場面を説明し、ピンポイントで指示すれば、やっと<いわろう>だ!と確認できる程度だった。でも、天下の<東宝映画>のフイルムにその<お姿>が残ったということは、いい思い出になるだろう。

  帰りの道々、Mちゃんは言葉少なく、一緒に来たことを後悔しているようだった。無駄な時間付き合わせて、ご免なさい!でも<いわろう>は柳楽優弥さんや沢尻エリカさんと並んでカメラに収まったことは事実だ。言葉少ないMちゃんを送りながら、たった数秒のシーンに一日かける<映画>って、やっぱり<お金>がかかるものだと、再認識していた。これじゃ他の友達には<映画出演>のことは、内緒にしておこう!ところで、映画そのものは、全編通じていい仕上がりだった。
2006/9/24

      参考文献:http://www.toho.co.jp/lineup/sugar_spice/story.html

人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2006-09-24 11:07 | Trackback | Comments(0)

低価格の宣伝費です

 流石に<ブランド品>は強い。インターネットオークションでの話だ。着古した<ジャケット>を出品。それが<ブランド品>だったため入札者同士が競い合い、思わぬ<お小遣い>になったことがある。最近ではトントご無沙汰なのだが<いわろう>もこのネットオークションで<遊んだ>時期があるのだ。このオークションに参加するには、まずI D(アイディ)取得が第一歩で、月数百円の会費を納めれば<売り買い>が誰にでも簡単に楽しめるのだ。これがまた結構<はまる>お遊びなのだ。

 <国内最大のインターネット競売サイトを運営する「ヤフー」(東京)は、サイト上に登録していた宝飾品販売会社が破産を申し立てたために商品を受け取れず、返金も受けられなくなった落札者全員に対し、金銭救済を図ることを決めた。同社が把握しているのは約300件、総額約2000万円だが、破産申し立て代理人によると、約450件、約9000万円に上る。全件、全額対象の補償は異例。

ヤフーは、ストア登録の際、与信審査をしたうえ、大量出品できるソフトを貸与するなど支援しており、登録後の落札者について救済策を検討。年1件に限って落札額の8割(最高50万円)を補償する既存制度を拡大する特例措置として、落札件数にかかわらず1件50万円までの全額補償と決めた。ほとんどの落札者が全額返金される見込みだ。

ネットオークションに詳しい岡田崇弁護士(大阪弁護士会)は「ヤフーの対応は消費者の立場から非常に評価できる。気軽にネット取引する時代だが、リスクが高いのは明白で利用には十分な注意が必要だ。競売サイト運営側も信用性を高める方向に進むだろう」と指摘している。(ヨミウリオンライン引用・編集)>

 オークション取引状況を<出品者>と<落札者>が互いに<評価>しあい、その<評価>がネット上に<公開>され、取引後他の参加者の<参考>にされる<システム>がある。ほとんどの場合、お互い<非常に良い>の評価で終わる。<いわろう>が<出品者>で<悪い>評価を一度だけ受けてしまったことがある。出品時の事前説明の不備のため<落札者>に不愉快な気分を抱かせたのかもしれない。それ以来<ご無沙汰>なのだ。今回のヤフーの措置は<大いに宣伝>になっただろう。<いわろう>のように<冬眠中>のI Dの何割かが起き出し、再開するだろう。<いわろう>もまた<ヤフオク>始めよう~っと!
2006/8/18



人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)
by iwaserou | 2006-08-18 22:43 | Trackback | Comments(0)

あなたも大根

 <いわろう>は、某芸プロスクールのシニア部で一年足らずだが<演技>の勉強を囓ったことがある。当初<舞台俳優>をめざしていたのだが、ここぞと思う<オーディション>で、四苦八苦しながら最終審査まで、行き着きはするのだが、結局<舞台>には立てなかった。そして自分なりに<結論>を出して、そこを辞めてそろそろ一年になる。のだが、いまだに<テレビドラマ>や<映画>や<舞台>を観たりする時<ストーリー>は二の次で、つい役者さんの<演技力>に目がいってしまう。

  そして<自然体>で演じる難しさをいつも感じている。観ていると、プロの役者さんでも<ギコチナイ>立ち居振る舞いの方も大勢いるくらいだから<自然体>で演じることがいかに難しいのかが判る。ところが、若いポット出の<歌手>が、ロクスッポ<演技>の勉強もせずに難しい役柄を<好演>することがある。そもそも<演ずる>という<スキル>には、持って生まれた<モノ>が大きく左右し、後天的に身につける<技術>は殆どいらないのかも知れない。

 <広島市中区のスーパー「マルナカ白島店」に強盗が入り約1000万円が奪われたと通報があった事件で、広島中央署は17日、被害にあったとうそをついて売上金を盗んだとして、同店副店長の大宮啓史容疑者(32)=広島市西区=と、知人で中古車販売会社アルバイトの八木崇容疑者(29)=住所不定=を窃盗の疑いで逮捕した、と発表した。八木容疑者が大宮容疑者の手足をテープで縛り、強盗に襲われたように装っていた。説明があいまいなため大宮容疑者を追及したところ、強盗を装ったことを認めたという。調べでは、2人は15日午後11時ごろ、同店から売上金約1500万円と防犯カメラ映像の録画機1台を盗んだ疑い。(アサヒドットコム引用)>

 容疑者の<お二人さん>も<強盗に襲われたよう>に装って<自作自演>の大芝居を打ったのだろうが、演じることの難しさを身をもって<体験>したであろう。本当に<世間>を騙したいのなら、<強盗>について<もっと研究>し、<実際に強盗>を体験するぐらいの熱心さが必要だろう。<自然体>で演ずると言うことは、<演ずる>ことではない。無意識に立ち居振る舞いと台詞が、その人から沸き上がってこそ、観る人に<実存感>を与えるのではないだろうか? それらしき<振る舞い>では、スグに見破られてしまう。
2006/8/17



人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)
by iwaserou | 2006-08-17 22:12 | Trackback | Comments(1)