人気ブログランキング |

タグ:若き日の思い出 ( 92 ) タグの人気記事

阿呆の提灯

 <いわろう>は小学校の低学年頃(昭和三十年代前半頃)から自宅にテレビがあった。と言っても、決して裕福だった訳ではない。その証拠にサラリーマンであった父親の勤める会社の小さな社宅に家族八人が押し合い圧し合いしながら暮らしていたのだ。

 随分後になってから<テレビ>が当時、自宅にあった訳が解った。父親の会社におけるポストが、取引先の便宜を図れる立場にあり、その業者からの届け物のひとつであったのだ。当時、自宅の床の間は、盆暮れともなれば、そんな<お届け物>がいつも溢れていたように記憶している。

 ところで現在<いわろう>は殆どテレビを観なくなった。と言うより、観たいものがなくなったと言った方があたっている。

 <テレビの普及台数が約1億と聞き、今さらながら驚いた。低俗番組を批判して「一億総白痴化」と言われた昭和30年代初めが約50万台だから、ざっと200倍に増えたことになる。 暮らしに寄与してきた半面、悪(あ)しき影響への心配はどこも同じとみえ、英語には「愚者のランプ(イディオッツ・ランタン)」と呼ぶ俗語もある。これを「阿呆(あほう)の提灯(ちょうちん)」と訳したのは誰だったか。

  ともあれ1億台となれば、ほぼ国民ひとりが一つずつ、提灯を提げている計算になる。 俳人の長谷川櫂(かい)さんが雑誌で、家庭にテレビがあることを、「家族の中にあまりガラの良くない他人がいるということ」と述べていた(「望星」4月号)。安手なバラエティーなどに苦り切り、我が意を得たりの人も多いだろう。

(略)不名誉な呼ばれ方の多いテレビではあるが、良くも悪くも、家族の一員のような存在ではあろう。ガラの悪さを正すのは、国家権力ではなく、作る側の良識と、見る側の批評眼でありたいものだ。(2007/4/24朝日新聞・天声人語・抜粋引用)>

 ラストには断崖絶壁に犯人を追いつめ反抗する犯人と揉み合う場面にパトカーの赤色灯が映るサスペンスものや、「美味しい!」としか言えない安っぽい俳優が案内する旅番組や、楽屋ネタで自分たちばかり楽しんでいるバラエティーや、面白くもない脚本を何の芸もない俳優の子女が演ずるドラマや、高額なギャラを取る芸能人に賞品や賞金など出すクイズ番組など本当に観たくない番組ばかりが多すぎる。作る側の良識なんて今更期待などしていないのでお好きにどうぞ!
2007/4/24


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-04-24 23:19 | Trackback | Comments(0)

失敗責任はどうする?

 <いわろう>は、過去において某メーカーの技術研究所に十年足らず籍を置いたことがある。そこで、新製品開発プロジェクトのあるパートを任されていた。その開発の進捗状況の報告会が三ヶ月おきに研究所内で、所員一同の前で発表せねばならなかった。

顕著な進展状況なら雄弁にもなるのだが、なかなかそうも行かず、度々発表の前夜は胃が痛んだものだ。さりとて在籍中にはオリジナル製品を数点開発することは出来た。だがそれが、会社にとっては、当時の<いわろう>の給料分に見合う<実績>ではなかったかも知れない。開発経費を結構<浪費?>していたのだから・・・。

<「テプラ」や「ピータッチ」の商品名で知られるラベルライターに関する発明を巡り、電気機械器具製造大手「ブラザー工業」(名古屋市)の社員と元社員の2人が、同社に計約4億円の発明対価を求めた訴訟の判決が18日、東京地裁であった。

 市川正巳裁判長は、2人の主張の一部を認め、同社に計約3700万円の支払いを命じた。原告側は控訴する方針。 判決などによると、2人は1986年~88年、ファイルなどの背に張るラベルに印字する装置など4種類の技術を発明した。同社はこれらの発明について特許を出願し、88年に海外向けに「ピータッチ」を販売。また同社とOEM契約(相手先ブランドによる生産)を結んだ他のメーカーも「テプラ」の商品名でラベルライターを売り出し、ヒット商品となった。 

2人は「この特許で会社は約2151億円の売り上げを得たのに、発明報酬として計約26万円しか受け取っていない」などと主張していた。判決は「2人は発明に大いに貢献した」とする一方、「多くの技術者が協力し、会社の組織的貢献が大きい」と判断した。 ブラザー工業の話「当社の見解が退けられ、承服しかねる。控訴も含めて対応を検討している」(2007年4月18日22時25分 読売新聞・引用)>

 発明報酬?とは判断が難しいところだ。どんなものでも、まず開発に取り組む為の環境が必要だ。個人では整備しづらい高価な測定装置であったり、科学的な試験器であったりが用意された環境と有能なスタッフそれに過去の研究実績などの寄与率は、無視出来ないと思われるのだ。ところで大失敗し大きな損失を出した場合、会社から社員にその分を請求できるのだろうか?
2007/4/18


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-04-18 23:40 | Trackback | Comments(0)

女が欲しい!

 「女が欲しい!」と言っても、還暦前のこの<いわろう>が色気爺と言うわけではない。<いわろう>の新婚当時のことだ。結婚早々「ああ!女が欲しい」って?それも理解しがたいこと?物事は正確に話さねば、誤解ばかりを生じるものだ。「女の子が欲しい!」つまり自分の娘が欲しくて堪らなかったのだ。長男誕生以来五年後、めでたく第二子を身ごもったとき「今度は女の子!が欲しい!」という願望から「絶対!生まれてくる子は女の子だ!」と強く確信していのたが、第二子も男の子であった。「またですか!」落胆の声で受けた電話で、カミさんの実家の義母にひどく叱られたのを、今でも覚えている。

 <日米両国で70年代以降、男の赤ちゃんが生まれる率が下降傾向にあることが米ピッツバーグ大などの調査でわかった。70年代の男女比を基準に試算すると、数字の上では過去の30年間に両国とも13万人前後の男児が女児になったことになるという。米国立環境衛生科学研究所の専門誌(電子版)に掲載された。

 日本の統計(1949~99年)と米国の統計(70~02年)を分析したところ、両国とも70年ごろ以降、出生1万人当たりの男児の割合が減り始め、当時と最新年を比べると、日本では出生1万人あたり37人、米国全体では同17人、米国の白人では同21人減っていた。

 新生児のうち男児の割合は、日本では99年までの30年間で51.72%から51.35%に落ちていた。もし男女比が70年代のままだったら、数字の上では12万7000人の女児が男児として生まれていたはずだったという。米国の白人では、この数字が13万5000人だった。

 この間、胎児死亡に占める男児の割合は両国とも上昇傾向にあり、日本では50年代には半数をやや超える程度だったのが、最近はざっと3分の2が男児になっている。 男児の減少はこれまでオランダやベルギー、カナダなどでも報告されている。同大のデブラ・デービス教授は「環境中にあるなんらかの汚染物質が、男女を決める遺伝子に影響を及ぼしているかもしれない」との見方を示している。(2007/4/17アサヒドットコム引用)>

 女でも男でも元気に生まれてきてくれれば、親としてこれ以上の幸せはない。<いわろう>が、そう思えたのは、子供達がかなり大きくなってからだった。汚染物質が原因?新生児に対する影響が心配だが・・・。
2007/4/17


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-04-17 23:42 | Trackback | Comments(0)

月の石を見たものの

 もう四十年程前になる。大阪府吹田市の千里丘陵で<日本万国博覧会>が行われた。<バンパク>と親しまれ、<人類の進歩と調和>をテーマとし、経済大国となった日本のシンボル的な意義をもつイベントであった。当時、人気パビリオンでの数時間の行列など<大勢の人による混雑>が連日報道されていた。

 特にアポロ11号が持ち帰った<月の石>を展示したアメリカ館の行列は延々続き、その異常な混雑ぶりから、一部では万博のテーマをもじって<人類の辛抱と長蛇>と揶揄されもしていた。<いわろう>は、当時凝っていた<カメラ>をぶら下げて、何度も会場に足を運び、月の石も拝ませていただいた。そして、あと何年したら<自由に月と地球を往復出来るのだろう>と夢見ていたのだが。

<「何用あって月世界へ?」アポロ11号が月面から送ってくるテレビ映像に日本中が驚き歓声を上げるのをにらみ山本夏彦さんは週刊誌のコラムでそう書いた。「勝手に着陸し、次いで他の星へも行くがいい」とも。

▼4月12日は、山本さんが鼻で笑う宇宙開発の記念日だ。1961年のこの日、ソ連のガガーリン少佐が宇宙船ボストークに乗って地球を一周した。本紙朝刊1面に「初の宇宙人」「宇宙旅行への窓開く」という見出しが見える。20年後の同日、今度はアポロ計画でソ連を追い抜いた米国のスペースシャトルが初めて宇宙へ飛び立った。

▼先日、次のスペースシャトルの打ち上げを予定より3カ月遅らせると米航空宇宙局が発表した。国際宇宙ステーションに置く日本の実験棟をシャトルで送り込む計画も、押せ押せで先延ばしになる恐れが出てきた。宇宙ステーション計画に日本は年間約400億円を投じている。うまく進まないと困ったことになる。

▼ボストークの昔から中国の神舟号まで、宇宙開発なかでも有人宇宙飛行は国の力を誇示する手段になってきた。情報通信や安全保障の面から日本も宇宙開発の技術を磨かなければならないが、さて有人宇宙活動は国威発揚以外どんな効用が期待できるのか。しばし「何用あって宇宙へ?」を考える必要もありそうだ。(日経2007/4/12朝刊・春秋引用) >四十年前に月旅行を夢見た<いわろう>は、今もまだ地べたを<這い回っている>だけだ。400億円あれば、結構何でも出来ると思うのだが・・・。
2007/4/12


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-04-12 23:44 | Trackback | Comments(0)

ポストは何故赤い?

 「手紙くださ~い!」足が地面に届かない自転車をこいで、駆けて行った郵便局の窓口で、そう叫んでいたのは、昭和三十年代まだ小学生の低学年だった<いわろう少年>であった。母親から頼まれたお使いでの出来事だ。「この手紙ポストへ出して来て!切手買って貼ってから・・・」そんな母親の言葉も終わらないうちに、<いわろう少年>が反射的に飛び出したのは、やっと乗れるようになった大人用の自転車に乗りたかったからだ。「手紙くださ~い!」何度目かそう叫んだ<いわろう>少年に「ぼく!これが欲しいんでしょう?」職員がそう微笑みながら<切手>を差し出してくれていたのだ。

 <統一地方選挙前半の奈良県知事選と県議選で複数の候補者の選挙運動用はがきを配達せずに池に捨てたとして、奈良県警は10日、大和郡山郵便局(同県大和郡山市)の非常勤職員、西尾正和容疑者(31)=同市泉原町=を公職選挙法違反(職権乱用による選挙の自由妨害)の疑いで逮捕した。容疑を認めている。 調べでは、西尾容疑者は今月5日ごろ、同県斑鳩町の貯水池に、自分が配達する予定だった知事選候補者1人と県議選候補者4人の選挙運動用はがき計550枚を捨てた疑い。近くの女性2人がはがきが池に浮いていたのを発見し、斑鳩町選管に届け出たという。(2007/4/10/アサヒドットコム引用)>

 郵便はずうっと昔から切手を貼って、ポストに入れれば、表書きされたもとへ間違いなく届けられてきた。間違っても貯水池に配達されるものではなかったはずだ。そして、ポストは、ずうっとずっと昔から郵便物を入れられ保管されてきた。

 熊本市の慈恵病院が、様々な理由で子育てが出来ない親から匿名で新生児を預かる国内初の「赤ちゃんポスト」の設置を申請した。厚生労働省は「明らかに違法とは言い切れない」として、熊本市に対して<そのポスト>の設置を認可した。

 安倍首相も、首相官邸での記者団の質問に対して、まず「ポストという名前に大変抵抗感がある」と述べ、「子どもを産むからには親として責任を持ってもらうことが大切で、そういうお子さんに対応する施設もあるし、匿名で子どもを置いていけるものを作るのには大変抵抗を感じる」と慎重論を唱えている。<ポスト>は街角で真っ赤に目立っているものであり、隠れてコソコソ<尊い命>を保管すべきものではないと思う。
2007/4/10


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-04-10 23:13 | Trackback | Comments(0)

名人ここにあり!

 今日、東京に全国で一番早く<桜が咲いた>というニュースを聞いた。ところで、この時期になると、決まって思い出す光景がある。 十年一昔と数えるのなら、もう二昔前になるが、二人の息子もまだ十歳と五歳で幼かった頃のことである。

 「弁天さんの境内の夜桜見物に行きましょう!」カミさんのそんな近所の弁天さんへの誘いに、初めはあまり乗り気でなかった息子達の気持ちを百八十度変えたのは、カミさんの次のひと言だった。「屋台が沢山出てるんだって!」その言葉に目の色を変えた息子達が先頭に立って、家族揃って出掛けることになったのである。

 ライトアップされた夜桜は、幻想的でロマンチックでもあった。大人達のそんな面持ちとは裏腹に、息子達は浮かぬ顔である。多分彼等の期待したほどの<胸はずませるお店>がなかったのだろう。 帰り際<いわろう>は、ちょっと口を滑らせてしまったのだ。「お父さんは、射的名人なんだぞ!」浮かぬ顔の息子達を元気づけるために<射的>でもして帰ろうと誘ったつもりが、<大風呂敷>を開いてしまったのだ。

 後へはもう引けない。

 <いわろう>は、幼い頃近所のお兄ちゃんから聞き覚えた<ノウハウ>をやっと実践できるときが来たのだと、内心では一人身震いしていた。 「よ~く見とくんだ!」の<いわろう>のかけ声通りに二人の息子とカミさんは、<いわろう>の射的銃の先端を睨みつけていた。次の瞬間「ブッス!」と鈍い音をたてて、銃から放たれたコルクは、景品陳列台の奥の方へと消えていった。これには当然、家族全員が落胆した。でもあのとき一番落胆したのは、当の<いわろう>だったことは、いまでも鮮明な記憶として残っている。

 ところが、気を入れ替えて臨んだその後の成績は、目を見張るものがあった。射的屋の店番のアンちゃんが、嫌な顔で無愛想になったのが、いい証拠である。「コルクを銃口にねじ込むんだ!隙間の出来ないように銃を逆さまにして、カウンターに銃口を押しつけて、コルクを奥までねじ込めば、飛び出してくるコルクの威力がより強くなる。それから景品の出来るだけ下を狙うんだ・・・」幼い頃近所のお兄ちゃんから教わった<ノウハウ>が生きた瞬間だった。

 帰り道「お父さんは、射的名人なんだ!」しみじみと言ったカミさんのそんな言葉に、二人の息子達の<いわろう>をみた眼差しが、少しだけ変わっていたことを思い出すのだ。
2007/3/20


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-03-20 23:26 | Trackback | Comments(0)

お世話になります。

 <いわろう>の母も父も遠い日に他界して、もうこの世のどこにもいない。生前の父は、脳血栓を患い半身不随の母の面倒を献身的に看ていた。それは母が、父を残して先立つまで続いていた。<すり下ろしたリンゴに蜂蜜をたらした>ものが、健康に一番と思い込んでいた母のそんな要望を毎朝欠かさず用意し、右手の不自由な母に食べさせていた光景を今でもふと思い出すことがある。

  そのとき漫然と思っていた。将来、自分なら<あんなにまで>してやれるのだろうか?って、まだ結婚もしていない<未来の妻>に対する気持ちを思っていた。夫婦生活三十余年経った今のカミさんのことを考えると、生前の父の看病ほど<いわろう>には自信がない。

 <京都市南区で昨年10月、認知症の妻(当時70)を自宅で絞殺したとして、殺人罪に問われた無職茶屋猛被告(73)の判決が19日、京都地裁であった。上垣猛裁判長は「思い詰めた末の判断とは言えず、人命を軽視した短絡的で無慈悲な犯行」と述べ、懲役3年6カ月(求刑懲役6年)の実刑判決を言い渡した。

  判決によると、茶屋被告は昨年10月23日午前3時50分ごろ、ベッドで寝たきりだった妻からトイレの介護を繰り返し求められていらだち、妻の首をタオルで絞めて殺害した。判決は、睡眠不足で疲労し、被告なりに介護をしていたと認めたが、「認知症を発症してからの期間は長いとは言えず、酌量の余地は乏しい」と判断。「老老介護」の現場で要介護者が殺害される事件が多いことにも触れ、「社会的影響を考えても、この事案を軽く見ることはできない」とした。(2007/3/19アサヒドットコム引用)>

 高齢化が加速している。<老老介護>の現実は、決して他人事ではない。自分が長く生きてゆくことで、他人を不幸にさせてしまうことがあってはならない。だが、これだけは自分自身ではコントロール出来うる問題でもない。そんな境遇になったときのために、日頃からの関係を大切にしておかなければならない。いずれ患ったりすれば、誰かの世話にならなければならないのだから・・・。出来れば<天寿を全う>したいものだ。
2007/3/19


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-03-19 23:34 | Trackback | Comments(0)

彼女!連絡待ってます!

「高校時代、教室の席に着いた途端、忍び寄ってきたクラスメートの女学生が、<いわろう>の机の引き出しに小さな包みを黙ってねじ込んで、逃げるように去って行ったんだ!」ひと月前の2月14日の昼休み社員食堂で、若い社員に話して聞かせた<遠い日のバレンタインデー>の<いわろう>の体験談だ。

その時、聞いていたうちの一人が「嘘っぽい!」って力強い奇声をあげて、一同の爆笑を誘ったのだった。<その体験>はもう半世紀前にもなるのだが、本当にあったことなのだ。その時何のことだか分からなかったのだが、随分経ってから「あれが、バレンタインデーのチョコレートだったんだ!あの女の子は、<いわろう>に好意を持っていてくれたんだ!」と気づいたものだった。

 先日の新聞で、我が国における<バレンタインデー>は50余年の歴史があると書いてあったのだから、強ち作り話でも、思い違いでもなかったのである。そもそも、神戸モロゾフ洋菓子店が1936年2月12日に、国内英字雑誌に「バレンタインチョコレート」の広告を出したのが、我が国で初めてらしいので、その神戸で高校生活を送っていた当時の<いわろう>は、まだまだ世間一般に広まっていない最先端の好意を受けたことになる。

 ところで今日は、そのお返しの<ホワイトデー>である。

この<ホワイトデー>は、バレンタインデーでチョコレートの贈物を受けた男性がお返しの意を込め、 キャンデーを贈る日として1980年(昭和55年)3月14日に第一回ホワイトデーが世に生まれ出たらしい。飴菓子業界の全国組織である全国飴菓子工業協同組合の1978年(昭和53年)の名古屋に於ける総会で飴菓子業界の総意として決議採択されて全飴協ホワイトデー委員会が組織され、そして2年間の準備期間を経て<ホワイトデー>ができたのだと、全国飴菓子工業協同組合のホームページで知った。

<いわろう>は、今日慌てて片づけかけた<特設売り場>に飛び込み<義理チョコ返し>のキャンデーを五個買って、辛うじて<お返し>が出来たのだ。ところで五十年前の<彼女>には、その後逢っていない。当時を懐かしむべく高校時代の卒業アルバムは、あの<大震災>で全壊した実家と共に消えてしまった。万が一このブログを読んでくれたなら、連絡が欲しい。是非<ホワイトデー>の<お返し>がしたいから・・・
2007/3/14


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-03-14 22:28 | Trackback | Comments(0)

学校は何するところ?

 <サクラサク>とは昔から受験の合格者に送られる電報文面の最もポピュラーなものだ。我が家は、もう受験とは全く関係なくなってしまったけれど、いまでも合格者に<サクラサク>の電文が送られているのだろうか?<いわろう>も桜の満開の時期が来れば、自分の受験番号を掲示板から見つけ出し喜んだ<遠い春の日>を今でも思い出す。

 <学習塾がない村で都会との教育格差を解消しようと、福島県川内村が新年度から、村営塾を開設する。塾長は村教育長で、小中学生を対象に放課後や日曜日、民間の学習塾の教師に委託して授業をする。村は12日開会した村議会に、初年度の事業費890万円を盛り込んだ新年度一般会計予算案などを提出した。

  村によると、新設される村営塾は「かわうち興学塾」。村内の小学5年生から中学3年生までが対象だ。小学生が毎週水曜日の放課後に、中学生は水曜日の放課後と日曜日に授業を行う。夏休みや冬休みには、10~17日間の特別学習も実施する計画だ。親の負担は学年に応じて月1000~2000円となる。

  村が昨年実施したアンケートでは、対象となる児童・生徒120人のうち、約半数の親が「村営塾が設置された場合、通わせたい」と回答したという。事業を委託する学習塾は、村議会で承認された後、複数の業者の中から選ぶ予定だ。遠藤雄幸村長は「本来なら民間がやるべき事業だが、地方では行政がやらなければ、都市部との格差は開くばかりだ」と話している。2007/3/12(アサヒドットコム引用)>

 本来<学校>は何をするところだろう?学校での教育には限界があって、課外授業をやらなければ<格差>が開くばかりなのだとは、自信のない<教育者>ばかりが、川内村に揃ったものだ。教育長自ら率先して事に当たるとは、呆れてしまう。ある意味<職場放棄>である。

 そんな学校へ通う生徒達は、学校の<学舎>としての位置づけをどう理解するのだろう。所詮、学校では充分な<教育>がなされないと<頼りなく>思ってしまうだろう。川内村の先生方よ!生徒達が、そんな学校に<登校拒否>を起こしても、もう<ふぬけの学校>に、呼び戻すことは出来ないだろう。<塾>に打ち込むエネルギーがあるのなら<本来の教育の場>である学校で、もっとそれを燃やすべきだろう!生徒達を<塾>へ送り出す前に<先生方>が学び直す方が先だろう!
2007/3/12


人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2007-03-12 22:40 | Trackback | Comments(0)

未開発の能力?

 <いわろう>は、三十二歳のとき、仕事の関係で上京した。それ以後、都民になって四半世紀余りになるが、関西訛りは、なかなか抜けない。話に夢中になると、すっかりなまってしまっている。<いわろう>が生まれ育った<神戸の街>は東西に長く延びた港街である。 その北側に屏風のように位置するのが<六甲山>だ。そろそろ、例の阪神タイガースの応援歌でもお馴染みの<六甲おろし>の季節だろう。時折、山肌を駆け下りて吹き付ける<六甲おろし>は身に染みて厳しいものがある。思わず首をすぼめるのだ。

 そんな神戸の街で培った山側が<北>で、海側が<南>という身体に染みついた方向感覚が、上京してから、かなりの間、邪魔になった。初めて訪れた土地で迷ったとき、単純に<山>をみて、自然と<北>だと思って更に迷ったことがあった。当たり前のことだが、山側は必ずしも北ではないのだ。強度の<方向音痴>はそんなところに原因がありそうだ。

 <神戸市灘区の六甲山中で10月、行方不明になった兵庫県西宮市職員、打越三敬(みつたか)さん(35)が24日後に発見、保護され、19日、神戸市内の病院を退院した。 遭難数日後に意識を失い、体温が22度まで低下して脳が冬眠するような状態となり、脳組織が壊されなかったことが、幸いしたという。担当医らは「まさに奇跡の生還」と驚いている。

打越さんは20日、職場復帰した。打越さんは10月7日、同僚らと山頂でバーベキューをした後、六甲ケーブル「六甲山上駅」で同僚らと別れ、歩いて下山したまま行方不明に。同31日、山中で倒れているところを、環境調査中の男性に発見された。病院で記者会見した打越さんによると、下山中にがけから足を踏み外し、約10メートル滑落して骨盤を骨折した。遭難3日目ごろに意識が遠のいたという。打越さんは「助けてくださった方々に感謝しています」と語った。(2006年12月20日12時45分 読売新聞)ヨミウリオンライン引用>

 科学が進歩し医学が進歩しても、人間本来の持って生まれてくる<能力>は全部解明されていないのだと感じる。人間が冬眠?。漫才のネタになりそうな話だが、まんざらそうとも言えないみたいだ。ある程度訓練すれば<冬眠可能!>になるとなれば、春の気候のいい頃まで<冬眠>したいものだと思いながら、六甲山の麓に今でもいる<古き良き友に>今年も年賀状をそろそろ書かねばと思わせた記事だった。
2006/12/20

人気Blogランキングへ←順位?気になります(^o^)

にほんブログ村 ブログブログへ←コチラも気になります(^o^)よろしくネ!
by iwaserou | 2006-12-20 23:48 | Trackback | Comments(0)


<いわろう>は、団塊世代のジジイです!今日も元気だ!ブログが書ける!


by いわろう

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
日記
人間観察
読書感想文(お薦め度付き)
狛犬図鑑
ニュース報道関連
違いについての一考察
携帯からの投稿!
新聞・雑誌ネタ

タグ

(519)
(473)
(362)
(114)
(106)
(92)
(54)
(23)
(10)
(8)
(6)
(4)
(3)

クリックが輝く明日を拓く!

最新の記事

「妻のトリセツ」黒川伊保子・..
at 2019-08-18 11:34
奥様!オ〇ン〇でのワンワンス..
at 2019-08-03 14:16
奥様!アソコの臭い!気になり..
at 2019-07-27 14:00
丸裸にされても···いいの
at 2019-07-14 12:17
「すぐ死ぬんだから」内館牧子..
at 2019-05-05 21:35
それは、トイレにあるよ!
at 2019-04-20 10:50
「マン臭事変」と「満州事変」..
at 2019-04-14 18:12
分厚い唇がチャームポイント!?
at 2019-04-12 22:23
ウチの娘にストーカーが・・・
at 2019-04-11 22:58
「孤独の作法」下重暁子・著<..
at 2019-04-07 20:18
わが家の「ハナカイドウ」も、..
at 2019-04-06 11:39
庶民の景気判断指標
at 2019-04-03 23:29
調子に乗りすぎて・・・大失敗!
at 2019-04-02 23:28
「令和」ってどうなの?
at 2019-04-01 21:45
赤坂氷川神社に兄弟がいる!?
at 2019-03-30 14:46
今年の7月で満100歳です!
at 2019-03-02 19:10
アオカンしたい!?
at 2019-02-13 23:16
「今夜もオ〇ンコだって?」カ..
at 2019-02-11 13:03
カミさんと外でオ〇ン〇しました!
at 2019-02-02 22:56
親子の情愛があふれる親子狛犬
at 2019-01-29 22:27

検索

最新のコメント

zoushoinさま ..
by iwaserou at 09:10
初めまして。 自分の潜..
by zoushoin at 22:37

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月