岩瀬労に言わせろう!

iwaserou.exblog.jp
ブログトップ

タグ:言葉の意味 ( 108 ) タグの人気記事

早くしろ!

 <疎ましく>昨日の朝刊の第一面にそんな見出しがあった。お恥ずかしい話だが<いわろう>は読めなかった。そこで、こっそり漢和辞典を開いてみた。 <うとましく>(1)いやな感じがして避けたい。いとわしい(2)気味が悪い。不気味だ。・・・一生読めなくてもいいし、使いたくもない<言葉>だ。

 子は親を選べない。一番の拠り所にする<その親>に<疎ましく>思われ、挙げ句の果てに<殺される>子の不憫さは筆舌し難い。

 秋田県藤里町の小学1年生、米山豪憲君(7)殺害事件で、殺人容疑で逮捕された畠山鈴香容疑者(33)が、能代署捜査本部の調べに対し、4月に水死した長女の彩香さん(当時9)について「疎ましくなったので、橋から落とした」と供述したと聞く。

 畠山容疑者は95年に結婚。翌年に彩香さんが生まれたが、すぐに離婚した。その後は職を転々としながら、彩香さんと2人で暮らした。「彩香が寝返りをうって自分に触れるのが嫌。肩とかに触れたら、ベッドの端に追いやる」と友人に話していたとか。

 もうかれこれ四半世紀前になるが、<いわろう>も畠山容疑者と同年輩のころ、<仕事>でイライラしていた時期があった。そんな頃「早くしろ!」ぐずぐず靴下を履き替える次男を厳しく怒ったことがあった。止せばいいのに脱ぎかけの次男の靴下を力よく引っ張ったのだ、その時手元が狂い次男の両足を掬う格好になり、次男はもんどり打ってその場に仰向けに倒れ後頭部を打ち付けてしまった。運良くそこは畳の上だったので、激しく泣くだけで大事には至らなかった。そのとき以来、次男には<悪い事をした>と、今でも<深い傷>として疼いている。当時は、自分の事で一杯になっていたのだろう。多分あのときの<いわろう>の心境も、いま忌み嫌う<疎ましい>感情だったのかも知れない。

 畠山容疑者には、子煩悩と邪険の相反する二つの顔が見え隠れするという。
安産や育児の神として崇められる<鬼子母神>。もと幼児を食う悪女であったが、仏に自分の末子を隠されて親の心を知り、仏教に帰依したという。

 <真相>はまだ判らないが、もしも<幼い子達>に手をかけた<邪悪な鬼>ならば、一日も早く<人間の親>に戻り、やがては<鬼子母神>ならんと願うばかりだ。(アサヒドットコム引用・編集させていただきました)
2006/7/18


人気Blogランキングへ←参加中!クリックをお願い致します
by iwaserou | 2006-07-18 23:47 | Trackback(2) | Comments(1)

改めて味わう

「これで甲子園にも秋が来る!」深紅の優勝旗を先頭に優勝チームが誇らしくグランドを行進する映像に、そんなアナウンスが被さる全国高校野球選手権大会。その第88回の地方大会が各地でたけなわだ。参加校4112校の頂点に立つ優勝校はどこになるのだろう。その東東京大会に、あのシンドラー社製エレベーターの事故で亡くなった市川君の事故当日に買ったバットが登場したと聞く。改めて無念さを味わう。

 <左手で投げた後、右わきに挟んだグラブを左手にはめて守る投法で、四回にはワンバウンドのゴロも落ち着いてさばいた。捕手は双子の兄の寿弥君。「障害を持つことに負けない、甘えない」を合言葉に、兄弟で「1勝」をつかみ取った。>ことを読売オンラインニュースで知った。

神奈川県立神田高校の3年生で、生まれつき右手首から先がない田中寿明投手が16日、全国高校野球選手権神奈川大会で登板し、夏の大会で初の勝ち投手に輝いた。兄とともに野球を始めたのは中学2年。「ピッチャーがやりたい」と志願し、鏡を前にグラブを素早く持ち替える練習を続けた。・・・相次ぐ取材にも、「美談にしてもらって、それで満足なのか」という思いで兄弟は通じ合った。弟が打ち込まれても、好機に三振しても、弟を「障害者だから」と、気遣うことを寿弥君は封印してきたという。

 この記事を読みながら、人間は目には見えない<心>で生きていることを改めて味わう。仮に心身に障害のない健康な人を<健常者>と呼ぶとするなら、目に見える身体に<障害>がなくても目には見えない<心>に障害がある人があまりにも多すぎると思う。

 <北九州市門司区の市営団地で5月、独り暮らしの身体障害者の男性(当時56)が、ミイラ化した遺体で見つかる事件があった。この事件で、北九州市が、男性が脱水症状で衰弱していたのを昨年9月に把握しながら給水停止を続け、病院に入院させるなどの措置も取っていなかったことが分かった。男性が生活保護を申請しようとしたのに対しても、相談段階で断っていた。>とアサヒドットコムで知った。

その男性も<心>に障害を持った<健常者>面した<担当者>に出くわさなければ<ミイラ>にならずに済んだものを。 改めて<いわろう>は思った。心身に障害のない健康な人を<健常者>と呼ぶとするなら、自分は真の<健常者>なのだろうかと・・・。
2006/7/17


人気Blogランキングへ←参加中!クリックをお願い致します
by iwaserou | 2006-07-17 17:09 | Trackback | Comments(0)

熱しやすく・・・

 先日、都内の某鉄工所に出向いた折のことです。エアコンの効いたバスを降りるや否や湿度の高い高温の空気と共に<猛烈な悪臭>がした。どうもその臭気の正体は、最寄りの<川>から漂っているようだった。そのとき、<COD,BOD>そんな単語が直感的に頭を過ぎった。確かCODが化学的酸素要求量で、BODが生物化学的酸素要求量だ。70年代初期<公害防止管理者>の国家試験勉強で覚えた単語と意味だ。最近、ほとんど聞かなくなった。そんな数値が、全てクリヤーされていると言う事ではなく<忘れ去られて>いるだけだろう。

 そんな事を考えながら汗を拭き拭き歩いていると、首から<携帯電話>をぶら下げている<小学生>とすれ違った。今度は、<電磁波、DNA>そんな単語が直感的に頭を過ぎった。最近ではあまり、騒がれなくなった。そんな心配をする必要がなくなったわけでもないだろうに・・・。

携帯電話の人体に対する危険性は大きく二つに分けて考えられているらしい。
一つは、携帯電話の電磁波はマイクロ波(800MHz~2000MHz)による熱的な影響と、もう一つはマイクロ波から派生して発生する超低周波(ELF)の非熱的な影響であるらしい。マイクロ波についてはSAR基準により出力が規制されているが、ELFは未知の分野のため現在ほとんど規制されていないとか。ELFは強度だけでなく非常に弱くてもその特定の周波数が人体の微少部分に影響を与えることを懸念する必要があるらしい。

 なにも<電磁波>は携帯だけではないのだが、<脳>からの至近距離で使用される<携帯電話>からの<電磁波>は特別視しなければならないと思う。意外と最近切れやすくなったとかの対ストレス力の低下の原因はこの辺にあるのかもしれないという意見もあるとか・・・。未来の子々孫々のDNAに<悪影響>が及ばぬ事だけを願う!

 科学は日進月歩で、われわれの生活を<より便利>にはしてくれるのだが、このような<負>の面もしっかりと<押さえて>開発してもらいたいものです。それでなくても、われわれ日本人は、どちらかと言えば<熱しやすく冷めやすい>傾向にある<民族>なのですから・・・。なるべくなら<子供達>にはまだまだ<携帯>は持たせたくはない!
2006/7/15


人気Blogランキングへ←参加中!クリックをお願い致します
by iwaserou | 2006-07-15 23:55 | Trackback | Comments(0)

絶対に訴えません!

 今朝の読売(編集手帳)を読んでいて、今日までずっと、思い違いをしていたことに気づいた。ならず者などが着物の裾(すそ)をまくるしぐさから、窮地に立った人が逆に威嚇的な態度に出ることを、俗に「けつをまくる」というらしい。

 <いわろう>は今日まで<けつをまくる>とは、窮地に立った人が、尻尾を巻き、降参し、白旗を揚げ這う這うの体で、慌てて逃げ出すことだと思っていた。

 <隣人に全裸姿を見せるなど嫌がらせを繰り返したとして、京都府警亀岡署は13日、亀岡市南つつじヶ丘、無職障子俊雄容疑者(62)を府迷惑行為防止条例違反(つきまとい行為等の禁止)容疑で逮捕した。障子容疑者は約10年前、風呂上がりに自宅の敷地を全裸で歩いていたのを隣人に注意されたのをきっかけに、嫌がらせを始めたといい、「注意されて腹が立った」と容疑を認めている。

 調べでは、障子容疑者は5月18日から6月14日までの間、自宅から隣の自営業男性(48)宅を監視し、男性の妻(47)が2階の物干場に出るたびにバケツをたたいたり、どなったりしたほか、男性宅から見える位置にある自宅勝手口の通路付近を全裸で歩き回った疑い。>(ネット・2006年7月13日19時39分 読売新聞・引用)

  障子容疑者は少し<けつをまくり>過ぎたようだ。<過ぎたるは及ばざるが如し>とも言える。

 この事件を読みながら、もう三十年以上も前のことを思い出した。<いわろう>は新婚当時、神戸市R町の2DKのマンションに住んでいた。二十メーター程隔てた真向かいにもマンションがあった。ある夏の夜、風呂上がりにベランダで夕涼みをしていたら、向かい側のマンションの一部屋に突然明かりがついた。

 その明かりに思わず<釘付け>になった。何と!あちらも風呂上がりだろう<全裸の女体>が浮かび上がったのだ。<いわろう>しばし<生唾ゴクリ>の状態で<闇に同化した>。造形的に<推察>すれば、これは<若い!ラッキー!> 。もちろん新妻には<その報告>を遅らせた。いま思えば<嫌がらせ?>をされたのかも知れない。でもあんな<嫌がらせ>なら<訴え>などしませんが・・・。六十歳のおじいちゃんに<けつをまく>られれば、110番しますデス。ハイ!
2006/7/13


人気Blogランキングへ←参加中!クリックをお願い致します
by iwaserou | 2006-07-13 23:29 | Trackback | Comments(0)

人間はコワレモノ?

 フランスは、最後の最後にジダン選手が暴力行為で退場処分を受け、勢いをそがれワールドカップをイタリアに持って行かれた。そんなライブ放送にウトウトしながら結局最後まで付き合わされた。故に、今朝の月曜全体朝礼も<夢の中>状態であった。

 その眠りを覚ましたのは、H君の身体から漂ってくる<香り>だった。それは<いわろう>が兼兼<いい香り>だ!と思っていた<香り>だった。何でも誕生日プレゼントに彼女から貰った<ブルガリ>とか、H君がいろいろと<その種類>について説明してくれたのだが、チンプンカンプンだった。が、朝から好みの<香り>を嗅ぎ気分爽快になった。 

ところで、日本人に臭いの判らない人(臭盲)が一割もいるらしい。過日ラジオでそんなことを聞いた。おそらく全く臭わないと言うことではなく<先天的にある特定のニオイを感じない>という、所謂<嗅覚版の色盲>みたいな症状のことだろうが・・・。

 <悪臭を抑えるよう求めた行政命令を無視したとして警視庁は10日、東京都中野区弥生町3丁目、無職星野和男容疑者(57)を都環境確保条例違反の疑いで逮捕した。星野容疑者は2年以上前から排泄(はいせつ)物や生ごみを庭で煮詰めていたといい、悪臭に対する苦情が近所から続出。中野区が刑事告発し、6月末に警視庁が家宅捜索していた。

星野容疑者宅は商店街に隣接する住宅地の一角にある。住民の苦情を受けて中野区は悪臭を抑えるよう3回にわたって文書で指導。しかし、星野容疑者が無視したため中野区は都条例に基づく行政命令に切り替えたが、星野容疑者はこれも無視したという。>

 ところで、嗅覚測定基準臭として・β-フェニルエチルアルコール (バラの花の臭い)・メチルシクロペンテノロン(カラメル臭)・イソ吉草酸(足のムレ臭) ・γーウンデカラクトン(桃の臭い)・スカトール(ウンチ臭)の五種類があるらしい。

 容疑者には、この試薬で<臭盲テスト>するまでもない。すでに精神が病んでしまっているのだろう。聞くところによると、<親>を亡くしてから<おかしく>なったらしい。鍵をかけ忘れた留置場から容疑者を取り逃がす警察官がいたり、世界が注目する舞台でレッドカードを貰うキャプテンがいたり、排泄物を煮込む男がいたり・・・そんなことがあるのカァ~と思った一日だった。(一部アサヒドットコムを引用させていただきました)
2006/7/10



人気Blogランキングへ←参加中!クリックをお願い致します
by iwaserou | 2006-07-10 21:48 | Trackback(3) | Comments(2)

臆病者だ!

 この時期になると毎年悩むことがある。ひところ<虚礼廃止>の世相が起こり<下火>になったこともあった。が、まだまだ根が深い、我が国の<慣習>のひとつ<お中元>の時期だ。

 この<お中元>が一般に広まったのは江戸時代といわれる。もとは古代中国で、上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日)に、神をまつったことに由来するらしい。その内の中元だけが日本に伝わり、盆と一緒になったと聞く。半年間、無事に過ごせたことを先祖に感謝し、お世話になった方々へ贈り物をする<慣習>である。

 「今年は止めようか?」<いわろう>の悩みを「悩んだときは、やることにしたら!」のカミさんの返事に押され、その<お中元>の注文のため、ぱらつく雨の中Tデパートに出掛けて行った。案の定、駐車場へ入るのに三十分近く待たされた。

 「お味はいいかがですか?」爪楊枝に指した見本品を差し出す店員が薦める商品にしょうか?それとも<いつもの>物にしょうか?カミさんとの<激論バトル>を制したのは、やっぱりカミさんの方だった。というのは<表向き>で、正直<何でもいい>心境だった。

 お送りした方々に、この場を借りて謝罪させていただきます。「ご免なさい!お送りさせては戴きましたが、真心が少しもこもっておりませんデス。ハイ!」こんなことだから、毎年<止めようか?>って悩んでしまうのだ。でも<いわろう>は、止めてしまう<勇気>がない<臆病者>なのだ。

 正直なところ<戴く側>の心理は、その商品の内容や価格なんかより、まず<戴いた>ということが<嬉しい>のだ。戴いた方のいままでの接し方を全て<肯定>しかねない程に<嬉しく>思う。だから毎年、悩むのだが<お中元>を止められないのだ。
2006/7/9



人気Blogランキングへ←参加中!クリックをお願い致します
by iwaserou | 2006-07-09 23:57 | Trackback | Comments(0)

骨密度はいくら?

 食肉目イヌ科の哺乳類で、オオカミを家畜化した動物と考えられている(いぬ)は漢字では<大>に<点>を付けて<犬>と書く。よく似た漢字で、やはり<大>に<点>と書いて<太>という字がある。<テン>で違った意味になる。

 「重要な課題として、骨太の政策を明確にすることが必要」と、01年1月の諮問会議で、時の森喜朗首相が提言したのがきっかけとされている<骨太方針>。今後の経済財政運営の指針となる。

 <「骨太方針2006」が昨日決まった。国と地方の予算で5年後には借金に頼らず政策経費を賄うと目標を立て、予想される財源不足額16兆5000億円の7割以上を歳出を削って埋めるというのがホネだが、実際にどうやって公務員を減らし公共事業の無駄をなくし社会保障費を抑えるのか、となると明快でない。

骨太なる言葉を政治家が使いだしたのは四半世紀前、土光臨調の基本答申を巡ってだろう。当時の「増税なき財政再建」は今や無理。増税は避けられまい。だからまず政府が骨身を削らないといけない。・・・>(日経・8日朝刊・春秋より引用)

 <いわろう>は以前の勤め先で、先輩から教わったことを思い出した。どんな立派な<計画>や<企画>や<目標>を掲げても、出来るだけ細部にわたり、より<具体性>があるかで、その達成率が決まると教わった。たとえば、今月の売り上げ目標を掲げれば、第一週目にはどれだけ売り上げなければいけないか?一週間でこれだけなら、一日これだけ売らなければいけない。だから今日はこれだけ売るために、どれだけの物をどの客先にどれ程、どのようなセールストークで売って来るのか?そのために前日は、どんな資料を用意しなければならないか?と言った具合に<具体化>させなければ、目標達成はできないのだ。

<骨太方針>結構なことだが、だがどこまで<具体化>されているのか<肝心>だ。 どんなに歩きまわっても何の収穫もないことを<犬の川端歩き>という。そして、計画・案などから肝心の部分を抜き去り、内容のないものにすることを<骨抜き>という。

<骨太方針2006>を<骨抜き>で<犬の川端歩き>に終わらせないように願いたい。
2006/7/8



人気Blogランキングへ←参加中!クリックをお願い致します
by iwaserou | 2006-07-08 23:53 | Trackback | Comments(0)

慣習になるか?

 「笹の葉さらさら・・・」と歌われる七夕は、五節句のひとつ。七月七日の今夜、天の川に隔てられた彦星と織姫が年に一度だけ逢うという<淡く切ない恋伝説>にちなむ年中行事の日だ。

  <いわろう>なんかの小学生時代には、この時期、笹の葉飾りを一杯ぶら下げた笹の木が教室の後ろに飾られていたように思うのだが・・・。<○○ちゃんと仲良しになれますように>って<短冊>に書いたような?書かなかったような?色褪せてしまった断片的な記憶をまさぐってみた。最近の学校でもまだ、ああいうことをやっているのだろうか?

 一方今日は、二十四節気の1つ<小暑>にあたるらしい。太陽黄経が105度のときで、梅雨明けが近づき、暑さが本格的になる頃とされている。 
 <開始から2年目を迎えた今夏、クールビズを導入した企業は全体の32.3%で前年同期に比べて11.6ポイント増えていることが7日、帝国データバンクの調べでわかった。導入を検討中の企業も含めると48.7%に達しており、最終的には約半数の企業で実施される見込みだ。>(アサヒドットコム引用)

 ところで、この<クールビズ>って、ネクタイを外したカッターシャツの第一ボタンを外すことなのだろうか?小泉総理を筆頭に政治家先生は<申し合わせた>様に、あのだらしのない格好である。率先垂範よろしく<決めた>おつもりだろうが、不快感だけしか伝わってこないのだが・・・。

 そもそも<クールビズ>とは、環境省が旗振り役となり、京都議定書が発効した05年2月を契機に地球温暖化防止策の一環で始まった。エアコンの設定を28度にし、その環境にそう服装になればいい。なのに<右になれ!>と同じ格好になるのが不思議だ。

 そう言えば、<ネクタイ姿>自体も奇妙な格好だ!端布を首の回りに巻き付けて<すました顔>でいられるなんて・・・。長い時間の習慣が<慣習>になってしまったのだろう。

 そう言えば、女性の<化粧>も奇妙な<慣習>だ。化粧なんかしない方が、よほど<いい顔>をしている女性を何人も知っているのに・・・。第一ボタンを外しただけのカッターシャツ姿に違和感なく慣れるまで、<彦星と織姫>が何度巡り逢えばいいのだろう。
2006/7/7


人気Blogランキングへ←参加中!クリックをお願い致します
by iwaserou | 2006-07-07 23:18 | Trackback | Comments(0)

人間様が偉いのか?

 雨上がりの夕刻、愛犬<ゴン>と散歩に出かけた。引きずられた<ゴン>の鼻先にはトカゲが一匹。小さな虫を追いかけ回している。それを見てゾクッとした瞬間、それを追うように蛇が現れた。<いわろう>はトカゲも蛇も、いずれも苦手だ。だが、そんなことは、彼等にとっては問題ないのだ。生き物が己の<生命>を維持するための真剣な営みが粛々と営まわれているだけなのだ。はたして、人間様が生き物の中で一番偉いのだろうか?

 <東京都心から南へ約1000キロ離れた小笠原諸島(東京都小笠原村)の世界自然遺産登録を成功させようと、環境省や林野庁は、地元と一体となって外来種駆除を本格化させる。米国原産のトカゲや家畜として持ち込まれて野生化したヤギなどが登録のカギとなる希少な固有種を食い荒らすためだ。>とアサヒドットコムの記事で知った。

 父島と母島に計600万匹もいるとみられる米国原産のトカゲ、グリーンアノールは、カメレオンのように体の色を黄緑色や褐色に変え、昆虫を食べる。・・・希少種の植物を食べるヤギは、兄島、弟島、父島の順に駆除を目指すらしい。

 <林野庁は、同諸島の7割程度を森林生態系保護地域の保存地区(コアゾーン)に設定する方向。環境省も、小笠原国立公園の普通地域をより規制の厳しい特別地域に引き上げるなどの保護強化策を検討している。>本来の生態系を守ろうとする働きかけは、充分に理解できる。絶滅品種の保護は大いに賛成だ。だが、世界自然遺産登録を急ぐあまり、尊い<生命>を軽んずる行為は避けて欲しい。グリーンアノールも見捨てられたヤギ達も、絶滅品種達と同等に尊い<生命>なのだ。元はと言えば、人間様の身勝手が引き起こしたと考えられる<生態系破壊>ではないのか?

 人間様が栽培する作物や草花以外で、いろいろの草。田畑・庭園・路傍・造林地などに侵入して、よくはびこる草花を総称して<雑草>との<汚名>を被せる。<雑草>はこの時期、人間様の憎しみと共に引き抜かれ<短い一生>を終えているのだ。もう一度考えてみる。われわれ<人間様>が一番偉いのか?直接われわれの<生命>を脅かす<生き物>以外なら、そこそこ折り合いを付けながら共生して行きたいと思いませんか?
2006/7/2


人気Blogランキングへ←参加中!クリックをお願い致します
by iwaserou | 2006-07-02 23:55 | Trackback | Comments(0)

もう観たくない!

 <いわろう>にはチョット変わったモノをコレクションする<癖>がある。<福助さん>のお人形だ。福助さんと言っても、これまた<お辞儀福助>しか興味がないのだ。<いわろう>の奥様なんかに言わせれば、座っていてお辞儀しておれば京都の銘菓<おたべ>の人形でもいいのじゃないのかって無神経なことを言ってくれる。<お辞儀福助>に漂う<哀愁>や<愛嬌>が判らないのだろう。説明しがたい<感覚>なのだ。お辞儀した背筋に漂う<誠実さ>もこよなく好んでいる。ところが、お辞儀にもイロイロある。

 「申し訳ございませんでした。」思慮分別が備わった大の<オトナ>がフラッシュの閃光を浴びながら、深々と頭を下げて謝る<映像>は、もう<お馴染み>だ。<某エレベーター会社>の経営責任者の方々が並んで謝罪する<お辞儀風景>を観たのは、極々最近のことだ。企業が不祥事を謝罪する度重なる<お辞儀風景>にはいささか食傷気味だ。

 今日は<小学校の校長先生>が<お辞儀ポーズ>をバッチリと決めておられた。新潟県佐渡市教育委員会は1日、市立両津小学校で前日に行ったアスベストの除去作業中に、アスベストが飛散し、近くにいた児童7人と養護教諭が粉じんを浴びた恐れがあることを明らかにした。8人にいまのところ異常は見られないが、同市教委は同校を4日まで閉鎖し、児童らの立ち入りを禁止する措置をとった。(アサヒドットコム引用)  

 われわれの腹部臓器は、膜に包まれている。これらの膜の表面をおおっているのが「中皮」で、この中皮から発生した腫瘍を中皮腫という。その中皮腫の原因になるアスベストの除去作業をなぜ?子供達のいる時間帯に実施する必要があったのだろう。数十年後に発症すると恐れられているのに。作業を請け負った業者の都合なのか?

 <業者が圧縮空気を使ってアスベストをはがす作業をしていた。粘着テープでとめたシートの接合部分が空気圧ではがれ、アスベストの粉じんが漏れ出たらしい。>そんなずさんな作業方法は<コスト重視>の<手抜き>としか言いようがない。学校は<危険>を体験するところでは決してないのだ。

<学校>と<業者>は<子供達のこと>をまず第一に考えるべきだっただろう。そうすれば、自ずから<工事の日時や方法>は違ってきていただろうし、あの校長先生のお辞儀も観なくて済んだと思う。お辞儀はあの可愛い<福助さん>だけに任せて欲しい。
2006/7/1


人気Blogランキングへ←参加中!クリックをお願い致します
by iwaserou | 2006-07-01 22:45 | Trackback(1) | Comments(0)